いまさら聞けない!?団体信用生命保険の基本

イオンモール伊丹昆陽店大阪店奈良店その他

登録住宅会社100社以上!中立公正な立場であなたにぴったりの住宅会社をご紹介するおうちの相談窓口です^^!

本日は住宅ローンに付随して必ず検討することになる「団体信用生命保険」の基本についてお話したいと思います。

 

賃貸に住んでいた頃には全く耳にすることのなかった保険の種類ですが、住宅を購入して、住宅ローンを組んだ途端に必ずと言っていい程加入することになるのが、この保険なのです。

 

関連記事はコチラ

今がチャンス!フラット35♫

住宅ローンの利息、固定・変動について

 


 

 

団体信用生命保険とは、住宅ローン契約者が死亡・高度障害状態になったときに、残りのローンを肩代わりしてくれる住宅ローン専用の生命保険です。

略して「団信」と呼ばれています。

聞いたことがある方も多いのでは?

 

住宅ローンは、長い年数をかけて長期間にわたって返済していくものです。30年、35年という方が一般的ですね。

その間にローン契約者に万が一のことが起こってしまったら、病気になって働けなくなってしまったら、、家族はどうなるでしょうか。(考えたくない事ですが・・・crying

 

契約者の変わりに働いて住宅ローンを支払っていくことができるでしょうか?

小さい子どもが居たら、そう簡単なことではないですよね。

 

住宅ローンを毎月返済していくことが難しいとなった家族は、住宅を手放し、売却して得たその資金で住宅ローンを返さなければいけません。。

とても辛い状況ですよね。

家族を亡くした(又は働けない状況になった)上に、住み慣れた自宅まで手放さなくてはならない状況になるのです。

 

そのような事態を避けるための保険が団体信用生命保険です。

団体信用生命保険に加入していれば、ローン契約者に万が一のことがあった場合には、保険会社から金融機関へ住宅ローンの残額全額が支払われます

なので、残された家族は住宅ローンの返済に困ることはありません。

団体信用生命保険は、ローン契約者に万が一のことがあったときに家族を守るための保険なのです。

 

「フラット35」など一部例外はありますが、団体信用生命保険への加入は住宅ローンの借り入れの条件になっています。

注意すべきなのは、団体信用生命保険の支払いは「保険料」という形をとらず、金利に上乗せされるケースが多いのです。

それ故「保険に加入している」という意識は薄くなりがちで、知らない内に保険に加入している状況である、といえます。

団体信用生命保険、とても心強い保険ですが、

保険に入っている意識が薄くなりがち…

 

となると、どういう事態が起きるでしょうか?surprise

 

民間の保険会社に加入している保険と、団信と二重に保険に加入してしまっている、とても損な状況が起こることがあるのです!!

 

団体信用生命保険は、ローン契約者が死亡・高度障害状態になったときに住宅ローンの残額を肩代わりしてもらえる生命保険の一種。

ですので、すでに民間の生命保険に加入している場合、その保険と団信で保障内容が重複してしまっている事があります。

民間の生命保険の加入時に、被保険者が亡くなったときの住居費を含めて保険金を設定したのであれば、団信と保障内容が重複しており、ムダな保険料を払っている可能性が高いと言えます。

マイホームの購入のために住宅ローンを借り入れ団信保険に加入した時点で、一度ご自分が加入している生命保険を見直すと良いでしょう。

もしかしたら保険料の節約につながる良い機会になるかもしれません。

団体信用生命保険、というと、ローン契約者が死亡・高度障害状態になったときのみに住宅ローンの残高を支払ってくれる、というものだと思いがちですが、決してそれだけではありません。

亡くなった場合だけではなく、三大疾病(がん、脳卒中、急性心筋梗塞)で特定の状況になった場合にも、残された住宅ローンが完済される仕組みである、三大疾病特約付団体信用生命保険や、八大疾病特約付団体信用生命保険と言って、三大疾病に加えて、五疾患(糖尿病、高血圧性疾患、肝硬変、慢性膵炎、慢性腎臓病)になった時にも、残された住宅ローンが完済される仕組みの保険もあります。

 

金融機関によっても違いはありますが、金利の上乗せとしては、年0.25%程度のものが多いようです。

この0.25%を、安いと取るか高いと取るかは、皆様個人の判断になります。

 

今後の自分の人生を考えながら後悔のないようにしっかりと考えて加入しましょう!

 

マイホーム購入を決意される方のきっかけとして、この団信があることにより、自分に万が一のことがあった時にも住宅だけは残しておきたい。という思いがあって…とお話される方も多くいらっしゃいます。

確かに、住宅さえ残せれば、もちろん住居費がかからず住み続けられるという点も売却可能な資産を残せるという点も大きなメリットがありますよね。

賃貸では不可能なことです。

 

ぜひこのような視点でも、「家」について「家族」について考えてみてくださいね。​

 

 

 

おうちの相談窓口では、住宅購入に纏わる様々なお金の相談も無料で受け付けておりますsmiley

家計に無理のない予算を根拠ある数字から導き出すこと、住宅ローンの賢い借り方・返し方、住宅購入時の保険の見直しなどなど、お金のプロ「ファイナンシャルプランナー」が無料で徹底サポートいたします。

住宅購入をきっかけにの家計の見直しにもお役立てください!

 

コロナウイルスの影響で外出も難しい今、「オンライン住宅相談」でお家に居ながらもプロに資金計画についてご相談いただけます。

ぜひあなたの家づくりにご活用ください。

お問合せはお気軽に。

>>オンライン住宅相談はこちらから

 

 

 

関連記事はコチラ

今がチャンス!フラット35♫

住宅ローンの利息、固定・変動について

 

オススメ記事

おうちのブログ一覧へ