ベランダ、バルコニー、テラスの違いは??

すべて建築まめ知識

こんにちはlaugh おうちの相談窓口イオンモール伊丹昆陽店 です。

 

明るく解放感のある「屋外スペース」

用途は様々で、洗濯物を干したり、ガーデニングしたり、テーブルやイス等をおいておしゃれなティータイム、アウトドアなど使い方ができるスペースです。

 

では、「ベランダ」「バルコニー」「テラス」の違いは?? 

何となくイメージは持っていても、それぞれの定義や細かな違いまではご存じない方も多いのではないでしょうか。

その違いによっては、住宅の面積に算入されるかされないかも変わってきます。

今回はその違いを説明していこうと思います。

 

 

 

 

 ◆ ベランダ ◆ 

 

ポイントは、「屋根がかかっている」ということで、建物の外壁から張り出された屋根付きスペースのことです。

マンションやアパート、洋風の戸建住宅などがイメージされますが、実は日本家屋にある「縁側」や「下屋」と呼ばれる部分もベランダに含まれています。

屋根や軒、庇があることが「ベランダ」の条件になっていて、住宅の面積においてはベランダの上にかかる屋根の先端から2m以内であれば不算入になり、建築面積のほうは基本的に1m以内であれば不算入です。

 

 

 ◆ バルコニー ◆ 

 

ベランダと同様のスペースですが、大きな違いは2階以上にある手すり付きの屋外スペースです。

なかでも下の階の屋根にあたる部分を利用して造られた広いバルコニーのことをルーフバルコニーと呼びます。

床面積、建築面積においてもベランダと同じ扱いになります。

マイホーム計画中で2階にベランダかバルコニーかを迷った場合は、過ごし方、使い方を考慮してみることをおススメします。

例えば、洗濯などを干したい場合は、屋根付きのベランダが便利ですし、家庭菜園などを楽しみたい場合はバルコニーを検討されても良いでしょう。

 

 

 ◆ テラス ◆ 

 

バルコニーもテラスも屋根がないという共通点がありますが、2階以上であれば、「バルコニー」1階の床から同じ高さの張り出した部分で、地面より高く室内の扉や窓とつながっている場所が「テラス」となります。

屋根が無い場合は普通の庭と判断されますので、床面積、建築面積共に不算入になります。

最近の人気は、リビング・ダイニングなど屋内空間と一体化させて「第2のリビング」「アウトドアリビング」として活用することが増えています。

 

 

 

ベランダ、バルコニー、テラスの違いを説明しましたがいかがでしたでしょうか。

どれも工夫次第で楽しみ方が広がりますよね。

これからの家づくり、リフォームなどの参考にしてみてください。

 

 

 

家づくりのご相談

★伊丹・宝塚・川西・尼崎市など阪神間での新築・建替え

★ハウスメーカー選び・工務店選びのご相談

★リフォームなど  

家づくりに関するお悩み、ご相談は何でもお気軽に おうちの相談窓口 イオンモール伊丹昆陽店 

【担当 野田】

 

 

 

オススメ記事

おうちのブログ一覧へ