大人気の吹き抜けリビング

すべて建築まめ知識

こんにちはlaugh おうちの相談窓口イオンモール伊丹昆陽店 です。

 

家づくりを考える中で、リビングを吹き抜けにしたい、と考えている方は多いのではないでしょうか。

家の中が明るく広く感じられる吹き抜けは高さも出るので開放感がある人気の間取りです。

吹き抜けとは天井など上下の空間を区切る仕切りがなく繋がった空間のことで、戸建住宅ではリビングや玄関に設けることが多い傾向にあります。

 

吹き抜けリビングのメリットはいろいろいメージできると思いますが、同時にデメリットも多くあります。

住んでから、こんなはずじゃなかった、とならないようデメリットをよく知ることが大切です。

その上で対策を考え、より納得できる間取りになるよう家族や住宅会社と話し合い検討することをおすすめします。

 

 

 

 

 後悔しないためのポイント! 

 

①広さにあった性能のエアコンの設置とシーリングファンの設置

吹き抜けリビングは広い空間となるので広さに適したエアコンを設置することが大切です。

またシーリングファンを設置することで、空気を循環してくれるので、下に溜まっている冷たい空気、上の暖かい空気を循環することで室温を一定に保つことができ、エアコンの効率がアップします。

 

②高断熱、高気密の住宅にする

高断熱、高気密の住宅であれば室内の温度にムラが生じることもなく、空調管理で苦慮することも少ないでしょう。

全館空調を組み合わせることで一定の温度で管理が行き届き、高断熱、高気密の恩恵を最大限に生かすことができます。

 

③転落防止設備の設置

解放感にこだわるあまり転落の危険がある吹き抜けリビングになってしまっては安心して日々の生活がおくれなくなってしまいます。

吹き抜け部分にネットをはる、その他、リビング階段や2階の手すりの高さや隙間を、安全重視のデザインにするなど工夫が必要です。

 

④採光効果を計算に入れた設計

吹き抜けリビングを光の射す明るい空間にするためには、採光を存分に取り入れられるように「計算された設計」が必要になります。

強度の問題を考えながら、しっかりと住宅会社を話し合っていきましょう。

 

 

 

いかがでしたか?

家づくりの参考にしてみてくださいね。

 

家づくりのご相談

★伊丹・宝塚・川西・尼崎市など阪神間での新築・建替え

★ハウスメーカー選び・工務店選びのご相談

★リフォームなど  

家づくりに関するお悩み、ご相談は何でもお気軽に おうちの相談窓口 イオンモール伊丹昆陽店 

【担当 野田】

 

 

オススメ記事

おうちのブログ一覧へ