人気の間取り「回遊動線」とは?

建築まめ知識

こんにちはblush

おうちの相談窓口イオンモール伊丹昆陽店です。

 

昨今の間取り人気として、「回遊動線」を取り入れた注文住宅が増えています。

「回遊動線」とは、行き止まりのないように設計された通路、またはスペースのことです。

壁に阻まれずにグルリと一周して元の場所に戻れる、又は1つの部屋に2つ、3つの出入口が設置されている場合も「回遊動線」と呼びます。

 

「回遊動線」があると近道で家の中を移動でき、家事を効率よくこなしたい人はもちろん、大家族で水回りや廊下などの渋滞に悩んでいる方に回遊動線」を間取りに取り入れるかどうか検討することをおすすめします。

今回は「回遊動線」メリット、デメリットを紹介していきます。

 

 

 

 

 メリット 

 

1. 家事の負担が減る

「回遊動線」をキッチン回りに取り入れると、料理をしながら洗濯や掃除などが行えます。

キッチンと洗面脱衣所、ベランダを「回遊動線」で繋げると洗濯してすぐに干せます。

このように移動時間を短縮でき、部屋の行き来が楽になるので家事効率が良くなります。

小さなお子さんがいる家庭ではキッズスペースやリビングなどを含んで「回遊動線」を作ると何かあった時にすぐに子どものところに駆けつけられると分かっていれば家事に集中できます。

 

2.家族間の渋滞を解消できる

1つの場所に複数の出入口を作っておくと出入するときに渋滞がおきません。

付近の廊下で家族同士がぶつかる頻度も減らせます。

特に水回りなどは渋滞が発生しやすくスペースが限られているため、生活のストレス要因のひとつになります。

洗面や脱衣所に出入口を2つ設けて「回遊動線」を作れば渋滞を緩和できます。

また、玄関付近に「回遊動線」を作っておくとスムーズに家を出られます。

リビングから玄関へ直接抜ける通路に加え、キッチンからシューズクロークを通って玄関へ抜ける廊下を作っておくとよいでしょう。

 

3.部屋が広く感じられる

「回遊動線」を取り入れた住宅は通行を妨げないよう自然に壁が少ない間取りとなり、また行き止まりが減る為、視線が遠くまで届くので実際よりも広々と感じられるでしょう。

また、廊下をなくし部屋同士を繋げると部屋ごとのスペースも確保でき、より広さを感じやすくなります。

 

 

 デメリット   

 

1.収納スペースが狭くなる

本来収納スペースであった場所を通り道として利用したりする為、加えて家具を置くスペースも減ってしまうので配置の工夫が重要になります。

壁面収納や収納機能がついた家具を選んだりするのもおすすめです。

 

2.個人のプライバシーが確保しにくい

1つの部屋に様々なルートでアクセスできるため、例えばキッチンから洗面脱衣所やリビングが自由に行き来できる場合、入浴時に人の出入りが気になる、ということもあります。

プライバシーを確保したい場所に鍵を設置することを検討しましょう。

ただ、日常的に施錠してしまうと動線が途切れてしまうので、家族間でルールを定めておくことをおすすめします。

 

3.広いスペースが必要な可能性がある

「回遊動線」のあるキッチンとして人気の高いアイランドキッチンは一般的なキッチンに比べると左右に通路が増えるため広いスペースが必要です。

床面積に限りがある狭小住宅の場合は必要な生活スペースを考えたうえで「回遊動線」を取り入れましょう。

 

 

 

いかがでしたか?

家づくりの参考にしてみてくださいね。

 

家づくりのご相談

★伊丹・宝塚・川西・尼崎市など阪神間での新築・建替え

★ハウスメーカー選び・工務店選びのご相談

★リフォームなど  

家づくりに関するお悩み、ご相談は何でもお気軽に おうちの相談窓口 イオンモール伊丹昆陽店 

【担当 野田】

 

 

オススメ記事

おうちのブログ一覧へ