子育て世帯を応援する◎【フラット35】子育てプラス

すべて建築まめ知識

こんにちは!

2024年2月13日より、

【フラット35】子育てプラス

という新しい制度がはじまりました✨

フラット35については、過去ブログ

 

こどもの人数等に応じて金利を引き下げてくれる制度です。

要件としては、

子育て世帯(こどもの数に応じて1ポイントずつ加算)

18歳未満のこどもがいる(借入申込年度の4月1日において)

※胎児や同居している孫〈同居〉も含む

若者夫婦世帯(子どもの有無に関係なく1ポイント)

夫婦のいずれかが40歳未満(借入申込年度の4月1日において)

※同性パートナーおよび事実婚の関係も含む

子育て世帯と若者夫婦世帯は併用できません。

若者夫婦世帯に子どもが1人いたとしたら対象は1ポイントです。

 

特長としては、

●従来の金利引き下げ幅最大年▲0.5%から▲1.0%に拡充

●【フラット35】Sや維持保全などのポイントも併用可能

●子育てプラスの場合は、ポイントの加算の上限がなくなるため、6年目以降も金利引き下げを継続可能

 

注目したいのが…

こどもの人数や住宅の性能に応じて金利引き下げポイントが加算。

1ポイントで5年間年▲0.25%の金利引き下げとなる。

【フラット35】子育てプラスを利用さない場合は、4ポイント(当初5年間年▲1.0%)が上限。

 

 

出典:住宅金融支援機構のHPよりケーススタディを引用

 

※【フラット35】子育てプラスは新規の借り入れの方が対象です!

 

住宅購入を検討している子育て世帯には魅力的な制度ですね✨

 

もっと詳しく知りたい方は、お気軽にお問い合わせください!

 

お問い合わせはこちら

オススメ記事

おうちのブログ一覧へ