家事が楽になる ランドリールーム

すべて建築まめ知識

 

こんにちはlaugh おうちの相談窓口イオンモール伊丹昆陽店 です。

 

最近の注文住宅で見かけることが増えた「ランドリールーム」

部屋干しが多くなる冬や梅雨時はベランダなどの外干しだけでは追い付かず、洗面所やリビング等の室内まで洗濯物でいっぱいになることもありますよね。

2階建て住宅では、1階で洗濯して2階のバルコニーまで干しにいくのが一般的でした。

しかし昨今、共働き世帯が増え、夜しか洗濯機を回せなかったり、雨が降ってきても取り込めなかったり、という方や、子育て世帯で時間のない中で家事をしなければならなかったりする方にに取り入れられているのがランドリールームです。

 

そこで今回は、ランドリールームは必要なのか、設置するにはどうすべきなのか、などを紹介していきます。

 

 

 

ランドリールームとは

 

洗う、干す、取り込む、畳む、アイロンがけ、といった洗濯にまつわる作業を全て行える空間です。

 

ランドリールームには

 

・洗濯機

・乾燥機

・作業台(アイロンがけや洗濯物を畳む)

・物干し竿

・スロップシンク(底の深い流し)

・収納棚、ラック(洗濯用品や洗濯物の収納)

 

などを配置して置くと有効に使え、家事効率UPになります。

 

ランドリールームの配置場所

 

浴室やキッチンなど、他の場所へ行き来しやすい動線を考慮することが大切です。

 

「キッチン近く」

 料理や洗い物をしながら洗濯も同時に行える

 

「洗面所、脱衣所近く」

 脱いだ服や使ったバスタオルなどの洗濯物が発生しやすい場所なので、ランドリールームに運ぶ手間が減ります。

 

「ウォークインクローゼット近く」

 隣にクローゼットを設置すれば、洗濯→取込み→収納までの動線を短縮できます。

 

自分たちの生活スタイルに合わせて検討して下さいね。

 

 

 

 

最後にメリットどデメリットを簡単に説明しますので、検討する上で参考にしてくださいね。

 

 メリット 

 

・ 洗濯家事の手間が軽減される

・ 天気に左右されず、リビング等室内干ししなくてもよい

・ 取り込んだ洗濯物をソファや畳の上などに置かずにすむ

・ 花粉や黄砂、PM2.5、排気ガスなどを気にしなくてもよい

・ 衣類の日焼けや色あせを気にしなくてよい

・ 干す、取り込む時間を気にしなくてもよい

 

 デメリット 

 

・ 配置場所が難しい

・ 一定の広さが必要(2~4畳)

・ 建築コストが上がる

・ 独立した部屋で家事をすることになる

 

 

 

家づくりのご相談

★伊丹・宝塚・川西・尼崎市など阪神間での新築・建替え

★ハウスメーカー選び・工務店選びのご相談

★リフォームなど  

家づくりに関するお悩み、ご相談は何でもお気軽に おうちの相談窓口 イオンモール伊丹昆陽店 

【担当 野田】

 

オススメ記事

おうちのブログ一覧へ