3階建て住宅のメリット・デメリット

すべて建築まめ知識

こんにちはblush おうちの相談窓口イオンモール伊丹昆陽店です。

 

住宅購入を検討している方の中には、限られた敷地で広々とした面積を確保する為、あるいは眺望や採光にこだわる為に3階建て住宅に興味を持っている方も多いのではないでしょうか。

広い土地の確保が難しい都市部では3階建て住宅を見かけることも多いですが、いざ建てるとなると費用やデメリットが気になりますよね。

今回は3階建て住宅のメリット・デメリット、注意点を紹介します。所有地の形状や家族のライフスタイルに3階建てが適しているかどうか、判断の目安にしてもらえたら幸いです。

 

 

 

 メリット 

 

① 部屋数と床面積を確保しやすい

都市部は地価が高く、注文住宅を建てようと思うと建築費より土地代が高額になってしまうこともめずらしくありません。

あえて狭小地を購入して土地代をおさえ3階建て住宅で居住スペースを確保できる点は大きなメリットです。

 

② プライバシー性が高い

家族の個室を1階~3階にバランスよく配置することで、隣同士の部屋だと音もれが気になりやすいですが、上下階なら足音に気をつければ気にならないことが多いです。

 

③ 間取りバリエーションが豊富

3階建て住宅だとより多くのライフスタイル、レイアウトが計画できるのも魅力のひとつです。

フロアごとの用途も明確に分けやすいです。また2世帯住宅を3階建てで計画することで、親世帯と子世帯の間にほどよい距離感ができ、世帯間のプライバシーを守りやすくなるというメリットもあります。

 

④ 高さを活かした眺望

2階建て住宅と3階建て住宅では眺望に関して満足度が大きく異なります。

3階部分に大きなバルコニーを設ければ2階建て住宅とは違った景観を楽しむことができます。

さらに屋上を設ければ広く街を見晴らすことができ、心地よい解放感を味わうことができるでしょう。

 

⑤ 水害に強い

近年、多くの地域でゲリラ豪雨や台風などで洪水や浸水被害にあうニュースを目にすることが増えています。

2,3階をお主な居住空間にすることで、住む地域が冠水等の被害を受けても、家財や貴重品が水没するリスクを抑えることができ、自宅で避難生活を送ることもできたり(水道、電気は使用できない可能性があります)します。

 

 

 

 デメリット 

 

① 上下階の移動が負担

3階建て住宅は階段の上り下りが増えるイメージが強くデメリットと感じる方が多いです。

しかし、生活スペースや水回り設備を1~2階にまとめれば、日中の移動負担は2階建て住宅とほとんど変わりません。老後も2~3階を有効活用したいのであれば、将来ホームエレベーターを設置できるレイアウトにするのも一案です。

 

② 室内の温度差が大きい

一般的に暖気は上へ、冷気は下へ移動しやすい性質があることから、3階建て住宅は冬は1階が寒く、夏は3階が暑い家になる傾向があります。

3階建て住宅の温度対策は、建物の断熱性、気密性を高めることが効果的です。

 

③ 採光計画が難しい

敷地が少し狭くても周囲の土地が開けているのであれば問題ありませんが、三方を建物に囲まれた密集地となると1~2階の採光が難しく、暗い部屋ができてしまうことも多いです。

3階建て住宅の実績が多いハウスメーカーを選ぶのも効果的な対策といえるでしょう。

 

④ 法規制が課題になる

高さのある3階建て住宅は高さ制限、斜線規制、日影規制などの法規制が課題となるケースも多いです。

規制の多い土地を選んでしまうと、間取りや床面積に制限がかかり思い通りの家を建てれない可能性があります。あらかじめ敷地条件を住宅メーカーの営業担当者などに教えてもらう、またはハウスメーカーと一緒に土地を探すのもおススメです。

 

 

 

3階建て住宅には平屋や2階建て住宅では得られない魅力やメリットがたくさんありますが、予算やライフスタイルに合わせて検討する必要があります。

失敗や後悔を防ぐために、実績が多く技術力の高いハウスメーカーを選びデメリット対策することをおススメします。

 

 

★家づくりのご相談

★伊丹・宝塚・川西・尼崎市など阪神間での新築・建替え

★ハウスメーカー選び・工務店選びのご相談

★リフォームなど  

家づくりに関するお悩み、ご相談は何でもお気軽に おうちの相談窓口イオンモール伊丹昆陽店へ

【担当 野田】

 

オススメ記事

おうちのブログ一覧へ