平屋だけど2階がある家

すべて建築まめ知識

こんにちはlaugh おうちの相談窓口イオンモール伊丹昆陽店です。

 

新築でマイホームを検討している際、2階建て、と思う方は多いですが、昨今、核家族が増え1世帯の人数が減ってきたなどの理由、また効率のよい動線が作りやすく、家族間でのコミュニケーションが自然に生まれやすいなどの理由から、「 平屋 」を希望される方が増えています。

ただ、その一方敷地面積によっては床面積が狭くなってしまう、という問題点もあり、平屋にしたいからといって広い土地を購入すると建築費が削られてしまうこともあります。

平屋にすると2階建て住宅より居住スペースが減ってしまいます。

2階建てほどの面積は必要ないけど、平屋のままもう少しスペースが欲しい、という考えの方に選択肢として上がるのが「 ロフト 」です。

 

 

 

 

 

平屋にロフトを設置するのと2階建て住宅を建てるのでは「 ロフト付き平屋住宅 」のほうが一般的にコストは安い傾向です。

条件はいくつかありますが、ロフトは居住部分んとは考えないため延床面積に算入されません。

つまりロフトの面積は固定資産税の対象外になるのです。

このため、延床面積に反映される「 階 」を作るよりもロフトを設置するほうが固定資産税をおさえられます。

 

 

 

 

 《 床面積に含まれないための条件 》 

 

●天井の高さが1.4m以下

ロフト部分の床から天井までの高さが1.4m以下、がひとつめの条件で、勾配天井の場合もどこか一部分でも基準の高さを超えると対象から外れてしまいます。

 

●床面積は直下の階の2分の1以下

ロフトの床面積は直下の階の床面積に対して半分以下の広さでなくてはなりません。

例えば直下の階の床面積が40㎥の場合、ロフトとして作れる床面積は20㎥以下となります。

 

●客室として使えない仕様にする

ロフトはあくまで「 物置 」であるため、「 部屋 」のように居心地の良い空間にしてはいけない規定があります。

例えば、

・クローゼットなどの収納を設けない

・電話、TV、ネット回線のジャックを設けない(コンセントはOK)

・床仕上げは畳、じゅうたん、タイルカーペットなどの居住仕様にしない

 

他にも自治体によっては窓の大きさや固定階段を設けてはいけない、などの制限があることもあります。

 

 

 

ロフトは使い方次第でひとつのフロアのように活用できるポテンシャルを持っていて、平屋にスペースがさらにプラスされ余裕のある空間の中での生活ができるでしょう。

安全対策や自治体ごとの違いに注意して素敵はロフトを検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

★家づくりのご相談

★伊丹・宝塚・川西・尼崎市など阪神間での新築・建替え

★ハウスメーカー選び・工務店選びのご相談

★リフォームなど  

家づくりに関するお悩み、ご相談は何でもお気軽に おうちの相談窓口イオンモール伊丹昆陽店へ

【担当 野田】

 

 

オススメ記事

おうちのブログ一覧へ