中古住宅を買うという選択も◎ 

すべてイオンモール伊丹昆陽店建築まめ知識

こんにちはlaugh

マイホーム購入時、新築・中古かで悩まれる方もいらっしゃると思います!

そこで、本日は中古住宅のメリット・デメリットについてお話していきたいと思います。

 

中古のメリットはなにが思い浮かびますか?

まず初めに、価格が新築より安価なことです。

物件の価値は年月とともに下がっていくので、同じグレードの物件でも新築と中古では中古の方が安くなります。

ただし立地などの条件面がよく、築5年以内といった築浅の物件は、一戸建てもマンションも、新築とそれほど変わらない価格にとなる場合もあります。

また、中古物件は実物を見ることができるので、日当たりや風通しなどを確認した上で決めることができるのもメリットと言えますよね。

また、新築に比べるとより多くの選択肢から物件を選べるようになるので、希望エリアで希望の物件が見つかる可能性も増えます。

立地が良く気に入った物件があったら、リフォームやリノベーションをして自分好みにするというのも1つの方法かもしれませんね。

 

では、中古のデメリットはなんでしょうか?

まずは、なんといっても建物や設備が古いことですよね。

古い設備は、新しいもの取り替えることができるかもしれませんが、できない場合もあるので注意が必要です。

また、売主が個人の場合は建物には消費税はかかりませんが、消費税がかからない物件は住宅ローン控除で、戻ってくる金額が最大で200万円になり、新築より少なくなります。

その他にも、修繕費が必要になったり、仲介会社を通す場合は仲介手数料が必要になったりと新築よりお金がかかる場合もあるので注意が必要です。

 

とはいっても、希望地域が限られている方や予算が限られている方には選択肢が広がりますよね。

気に入った物件があれば、リノベーション・リフォームして理想の家にできる中古物件も選択肢の1つに入れて検討してみてくださいね。

おうちの相談窓口では、中古物件の購入・リフォーム・リノベーションなどのご相談もお受けしております。

お気軽にお問合せくださいね!!

 

家づくりのご相談◎伊丹市・宝塚市・尼崎市など阪神間での新築・建て替え◎ハウスメーカー選び・工務店選びのご相談◎リフォームなど...家づくりに関するお悩み・ご相談はなんでもお気軽におうちの相談窓口 イオンモール伊丹昆陽店へ✨

(担当:三村)

 

お問い合わせ・来店予約はコチラ

オススメ記事

おうちのブログ一覧へ