浴室づくりで失敗しないために!お風呂選びのポイントや注意点を解説します

イオンモール伊丹昆陽店建築まめ知識

こんにちは。今日はとっても蒸し暑いですね💦
室内で熱中症になる方が多いようなので、みなさんお気をつけくださいcrying

 

さて、本日は家づくりでこだわりたい場所のひとつ「浴室」について。
浴室は、みなさんがこだわりたい場所、そしてこだわった結果失敗が多い場所でもあります。
お風呂選びのポイントや失敗しないための注意点をご紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

◆お風呂の種類は3種類◆

 

〈システムバス〉

 

多くの住宅に取り入れられているのが、システムバスです。
システムバスとは、あらかじめ部品は工場で製作し、現場では組み立てるのみのお風呂のこと。
工期が短く、価格も抑えられることがメリットです◎
メーカーによって、さまざまなオプションを追加することもできます。

 

〈在来風呂(造作風呂)〉

 

在来風呂は、いわゆるオーダーメイドの浴室です。
自由に作ることができるため、ヒノキ風呂にしたり、脚付きのおしゃれな浴槽にしたりと
好みや空間に合わせて自由にデザインできるのがメリット◎

 

〈ハーフユニットバス〉

 

システムバスと在来風呂の中間的な存在が、ハーフユニットバスです。
浴槽や床はシステムバス同様決められていますが、壁や天井は自由にカスタマイズできます。
システムバスより自由度が高く、在来風呂よりコストを抑えられることが特徴です。

 

◆お風呂づくりで多い失敗とは?◆

 

・オプションを付けたが使わない

 

お風呂づくりで多い失敗、それはオプションです。
中でも「浴室テレビ」は後悔したオプションとしてよく挙がります。
「ゆっくりテレビを見て過ごしたかったけれど、長風呂になって他の人に迷惑がかかる」
「音が近所迷惑にならないか心配」などの理由で、結局使用禁止になるということも多いようですね。

 

そのほか、「ミストサウナ」も意外と使用しないオプションとして挙がっていました。
我こそは真のサウナ好き!という方以外は、今一度検討し直した方がいいかも?

 

・オシャレにこだわったものの掃除が不便

 

「壁のデザインにこだわってタイルにしたものの、掃除がしにくくて後悔した」など
オシャレにこだわり過ぎて、毎日の掃除が億劫になるケースもあります。
おしゃれなお風呂にしたい!というのは誰もが一度は抱く願望ですが、掃除は毎日のこと。
いかにお手入れしやすいかも注目しておきたいポイントですね!

 

いかがでしたか?家づくりをしている時は「あれも付けたい!これも付けたい!」と思いがちですが、
今一度日常生活を思い出して、本当に必要か立ち止まって考える時間も大切ですねsmiley

 

家づくりのご相談◎伊丹市・宝塚市・尼崎市など阪神間での新築・建て替え◎ハウスメーカー選び・工務店選びのご相談◎リフォームなど...家づくりに関するお悩み・ご相談はなんでもお気軽におうちの相談窓口 イオンモール伊丹昆陽店へ✨
(担当:酒井)

 

お問い合わせ・来店予約はコチラ

オススメ記事

おうちのブログ一覧へ