自然のエネルギーを活かした、パッシブデザインとは?!

すべてイオンモール伊丹昆陽店建築まめ知識

こんにちはlaugh

皆さま!パッシブデザインって聞いたことありますか??

注文住宅を検討されている方の中には、聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれないですね。

 

●パッシブデザインとは

省エネを実現させる設計手法の1つです。

太陽の光や熱、風といった自然のエネルギーを有効に利用してエネルギーを抑えるように設計する手法のことです。

パッシブデザインで建てられた家は、家がある地域にあった方法で、自然エネルギーを有効活用できる工夫が随所に施されています。

 

一方で、機械や装置を使って積極的に自然エネルギーを利用するものでアクティブデザインというものもあります。

アクティブデザインで取り入れられる代表的なものとして、太陽光発電システムや空気の熱を活用してお湯をわかす「エコキュート」や「エネファーム」などが挙げられるのでイメージがつきやすいかもしれないですね。

 

 

●パッシブデザインのポイント

(上の画像は、登録住宅会社のダイワハウスさんHP参照:https://www.daiwahouse.co.jp/jutaku/technology/wooden/eco/passive.html)

 

・断熱性・気密性

建物を魔法瓶のように断熱することで、建物の外からの気温の影響を少なくする。

・太陽熱利用

冬場は窓から直射日光を取り入れ、夏場は窓から入る直射日光を極力防ぐように設計する。(日射遮蔽とも言います)

・昼光利用

昼間の明るさを室内に取り込み、人工的な照明の利用を減らす。

・自然風の利用

風の入る場所と抜ける場所を作り、風を取り入れることで、冷房にかかるエネルギーを抑える手法です。

 

●パッシブデザインのメリット・デメリット

光熱費を抑えられ、太陽光や自然の風など自然を家の中でも感じられ快適に過ごせるのがメリットです。

一方で、デメリットとしては周辺環境によっては自然のエネルギーをうまく活かせないということもあります。また、光熱費を抑えることができても、初期費用はかかってくることも覚えておいてください!

 

いかがでしたでしょうか?

本日は、パッシブデザインについてご紹介しました◎

環境にやさしい生活や自然を感じられる生活を考えている方にはオススメかもしれないですね✨

 

家づくりのご相談◎伊丹市・宝塚市・尼崎市など阪神間での新築・建て替え◎ハウスメーカー選び・工務店選びのご相談◎リフォームなど...家づくりに関するお悩み・ご相談はなんでもお気軽におうちの相談窓口 イオンモール伊丹昆陽店へ✨

(担当:三村)

 

お問い合わせはコチラ

オススメ記事

おうちのブログ一覧へ