天窓のある暮らし

イオンモール伊丹昆陽店建築まめ知識

【天窓について】

 

一戸建ての注文住宅をお考えの皆様、抜群の採光効果を持つ「天窓」を取り入れてみませんか?

 

こちらは一般的な開口部よりも採光力に優れ、その効果はなんと3倍とも言われます!

また、開閉可能な天窓の場合、風通しも最大で4倍ほどの効果があると言われており、換気性能もグッと上がります!

 

 

最近では住宅地も増え、隣の建物と距離が近いお家もありますよね。

目線の高さに開口部があると、どうしても人の目が気になります。

居室の窓を一つ天窓にすると、十分な採光を得る事も出来ますし、天井に窓があるので当然視線を感じる事もありません。

また、一年を通して住居内の温度管理がしやすく、暑い日は天窓と通常の窓を開放することで風通しを良くし、エアコンを使わなくても比較的涼しい環境に!

寒い冬場は天窓からの日光で室内を暖められるので、暖房の設定温度が低めに出来るメリットがあります。

お子さまが居るご家族様ですと、お子さまのお部屋に天窓を設置しても良いかもしれません🎵雲の流れや星の動き、月を見ながら過ごすと自然を感じやすいですし、情操教育にも良いとされています。

 

 

ただ、天窓のデメリットとしては

・「雨漏りの心配」

・「音」

・「眩しい・暑くなる」

・「ソーラーパネルの設置面積が減ってしまう」

などがあります。

そこで、以下のような対策を事前に行うことをオススメします!

 

「雨漏り対策」

天井に穴を開けて取り付けるので、どうしても雨漏りの可能性は一般の窓と比較すると高くなります。施工会社様はしっかりと選定し、実績のある所にお願いしましょう。

経年によりゴムパッキンが劣化し起こる雨漏りもありますが、こちらは定期的なメンテナンスで解決できます!

 

「音対策」

通常の開口部に比べて、垂直に雨が当たるので雨音が気になる方も居ると思います。

寝室や、ゆっくりとリラックスしたい部屋に設置してしまうと気が散る・音が気になって眠れないといった問題が発生する可能性があるので、出来るだけ静かに過ごしたい部屋への設置は避けた方が良いかと思います。自然の音として楽しめる方であれば、寝室、自室へ設置しても良いかもしれません🎵

 

「眩しさ・暑さ対策」

上から光を取り入れているので必然的に日光が長時間差し込み、眩しい、室内が暑くなるといったお悩みも出てくるかと思いますが、窓自体の性能も年々上がってきており、遮熱性の高い窓ガラスも作られていますので「複層ガラス」「トリプルガラス」などを選びましょう。

更に、ブラインドを付けるなど少し工夫すれば、夏の暑い日差しを軽減、日光の入る量を調整することが出来ますよ❣

 

「ソーラーパネル設置場所」

ソーラーパネルに関しては、通常日光の当たる方角に設置するので南側に配置することが多いです。北側に天窓、南側にソーラーパネルを置けば、採光も省エネも共に叶える事が出来ますので、理にかなった設計になります❣

 

メリットもありますが、同時にデメリットもある天窓…

しかし、対策次第ではとってもいいお家になるので、是非活用して快適なマイホームづくりをしましょう!

 

(担当:上原)

おうちの相談窓口は、ご紹介できる登録住宅会社100以上!
中立公正な立場であなたの家づくりを無料で徹底サポートする相談窓口です!

伊丹市・宝塚市・西宮市・尼崎市など阪神間での新築・建て替えのご相談、本当にピッタリの工務店選び・ハウスメーカー選びのご相談、失敗しない予算計画のご相談、お家づくりのお悩み・ご相談は、おうちの相談窓口 イオンモール伊丹昆陽店へ

お問合せはこちら

オススメ記事

おうちのブログ一覧へ