木材の種類7選!

建築まめ知識

こんにちは

登録住宅会社100社以上!中立公正な立場であなたの家づくりをサポートするおうちの相談窓口です!

 

 

木材は空間に温もりを与えてくれます。お家に木材が使われていると心が安らぎますよねblush

 

そこで今回は、住宅で使われる主な木材とその特徴についてお話しますenlightened

 

 

 

①パイン(マツ)

柔らかな足触りが特徴のパイン。木目は薄目で、節は黄色っぽい色味をしています。加工の容易さとそのぬくもりから、床材をはじめとしたさまざまな場所に使用されます。洋風・ナチュラル系のインテリアにピッタリです。

 

 

②ヒノキ

強度の高さ耐久性から、住宅だけでなく寺社にも使われるヒノキ。はっきりとした木目が特徴です。耐水性を有し、シロアリの被害も受けないため土台に使われることが多いです。また、”ヒノキチオール”という芳香成分により落ち着く香りがします。ヒノキ風呂としても使われます。

 

 

③ナラ(オーク)

日本産のものはナラと呼ばれ、北米産のものはオークと呼ばれます。はっきりとした木目を持ち、傷がつきにくいことが特徴です。耐久性が高く、床材や家具などに使われます。

 

 

④タモ

色は明るめで、整った木目が特徴のタモ。ナラと同様、硬くて傷がつきにくいためフローリングに使われることが多いです。和・洋を気にせずお使いいただけます。

 

 

⑤スギ

スギは日本で昔から使われてきた木材です。中心部が淡紅色や赤褐色を帯び、年輪を重ねた外側は白く、色の違いを楽しめます。比較的安価なうえ、防腐性の高さから土台や柱に使われます。触ると温かみが感じられます。

 

 

⑥ウォルナット

世界三大銘木の一つであるウォルナット。特徴は、濃淡の縞模様や重厚感のある深い色合いです。木目の美しさからフローリングやドアなどに使われます。自然の濃い色で高級感を演出するため、スタイリッシュなインテリアにピッタリです。

 

 

⑦チーク

チークもまた、世界三大銘木の一つであり重厚感のある色合いが人気です。摩擦に強いことから、家具だけでなくフローリングにも使用されます。また、耐水性・耐久性が高く、虫害にも強いことが特徴です。経年により、ムラが減少し艶や深みが増します。高級感やクラシカルな雰囲気を演出します。

 

 

いかがでしたか?

今回は、住宅で使用される主な木材についてご説明しました。一つ一つの木に特徴があり、違う雰囲気を楽しめるのは素敵ですよね。皆様も「こんな空間にしたい!」というイメージに合わせて、是非木材選びを楽しんでみてください。

 

 


おうちの相談窓口では、住宅会社のご紹介やライフプランの作成などを通して皆様のご希望に合った家づくりをお手伝いします。どんな些細なことでも構いませんので、家づくりに関するお悩みがございましたら是非おうちの相談窓口までお問い合わせください!

お待ちしておりますsmiley     

 

(担当:森)                                                                                                                                                                          

 

 

 

 

 

 

お問い合わせはこちら

オススメ記事

おうちのブログ一覧へ