よく聞く『ツーバイフォー』って何?

すべて建築まめ知識

こんにちはlaugh

登録住宅会社100以上!中立公正な立場であなたの家づくりを徹底サポートするおうちの相談窓口です!

 

 

本日は、家づくりを始めるにあたって一度は耳にしたことがある用語、『ツーバイフォー(2×4)』についてお話させていただきます。

 

ツーバイフォーとは?

 

ツーバイフォー(2×4)とは、木造の建築工法のことをいいます。

建築に使われる角材のサイズが縦2インチ×横4インチであるところから、このように呼ばれています。

この角材と合板を合わせて屋根や壁を作り、面と面を接合するような工法です。

他にも使われる角材のサイズによって、ツーバイシックス(2×6)、ツーバイエイト(2×8)、ツーバイテン(2×10)といった工法もあります。

 

 

 

では、ツーバイフォー工法のメリットとデメリットを見ていきましょう。

 

メリット

①地震に強い

在来工法(木造軸組工法)と違い、面を組み合わせて作られるので木材の密接度が高くなり、耐震性に優れた家が建てられます。地震の多い日本にはもってこいですね。

 

②火災に強い

気密性が高いので、耐火性にも優れています。

また、火災に強いということが世間的に認識されているため、省令準耐火建物にあたることが多く、その場合火災保険料が安くなります。

 

③工期が短く済む

在来工法と比べて大工・職人の手作業による手間が少ない分、比較的工期が短く済みます。

 

デメリット

①間取りの制限がある

ツーバイフォー工法で建てられた建物は箱型のようになるため、壁を移動するような間取り変更が難しい場合もあります。柱がなく空間を広く使える反面、柱ではなく壁で建物を支えるような構造となっている為、移動できない壁も存在します。

 

②間口が大きく取れない

間口となる部分の壁をくり抜くような形になるため、その面の強度が落ちる可能性があり、間口を大きく取ることが困難な場合もあります。

 


 

いかがでしたか?

ツーバイフォー建築のメリットとデメリットでした。

地震に強く、在来工法より費用を抑え工期を短く出来るといったメリットはとても魅力的ですよね。

しかし、いつかリフォームや間取り変更のご予定がある方には注意も必要です。

当店では、ツーバイフォー工法で建てられる家を扱うハウスメーカーのご紹介もさせていただいております。

ぜひ一度、おうちの相談窓口へご来店くださいませ。

 

(担当:柳田)

 

お問い合わせはこちら

オススメ記事

おうちのブログ一覧へ