実際、和室って必要?

すべて建築まめ知識

こんにちは!

登録住宅会社100社以上!中立公正な立場であなたの家づくりをサポートするおうちの相談窓口です。

 

お家を建てよう、リノベーションをしようと決めたら「どんなおうちにしようheart外観は?間取りは?」など夢膨らむ想像が広がって楽しくなってきますよね!

今回は和室について考えてみましたのでお時間ある方はお付き合いくださいsmiley

 

最近のお家づくりの傾向としては和室を作らないというご家庭もあるようですよ。

和室のメリット、デメリットも含めて色々調べてみました。

 

 

和室のメリットyes

・落ち着ける空間

→畳に使われる藺草(いぐさ)の香りにはリラックス効果や鎮静作用の効果があるそうです。

確かに寝転ぶと気持ちよくてついついうたた寝しちゃいますよね。

 

・客間として使える

→普段は利用頻度が少ない空間の和室は、散らかることも少ないので急な来客の応接間やお客様にお泊りいただく部屋にも使えます。

実家の両親が急に泊まることになった!

そんな時もお布団を敷くだけで立派な寝室に早変わりenlightened

フローリングにお布団を敷いて寝ると固くて体が痛くなりますが畳は柔らかいので痛くなりにくいのが利点です。

 

・子育て期にも実は過ごしやすい。

→実は和室って子育て世代のお母さんにとっても、赤ちゃんにとっても過ごしやすいんです。

ベビーベッドが無くても和室に大人用のお布団を敷いておくと添い寝も出来て赤ちゃんだけでなくお母さんも体が休まります。

畳が柔らかいので転倒した時の痛みが軽減されるので、家事をしながら様子を見る時は和室で過ごしてもらうのもイイですね。

おもちゃで散らかっていても襖を閉めてしまえば目隠しにcheeky

 

和室のデメリットno

・お手入れが面倒。

→畳や障子は使ってると痛んでくるので張替えなどのメンテナンスが必要になります。

湿気や水分を吸収しやすい畳はお掃除やお手入れが少し大変です。

頻繁では無くても多少なりのコストが掛かってきますね。

 

・一か所だけ異空間に感じてしまう

→フローリングの空間に畳の部屋があると異素材なので統一性に欠ける事もあります。

 

このように和室には様々なメリット、デメリットがありますが今はモダン和室というように現代インテリアにも合うような畳であったり障子や襖の格子戸もあるので、和室もオシャレに楽しめるようになってきました。

畳の種類も正方形の物を組み合わせて配色を変えてみたり、汚れの付きにくい掃除しやすい素材の物もあるので畳替えも楽しくできるかもしれません!

 

一方、必要ないかな…との考えに至った時は、コストの削減にもなりますし、その空間をプライベートルーム、書斎、ウォークインクローゼットにするなど様々な使い方が広がります。

 

お家を建てる前にしっかりと「自分の生活、家族に和室は必要かな?」など考えて後悔しない間取りを作りたいですね。

 

間取りで悩んだ時もおうちの相談窓口では、親身に寄り添いピッタリのハウスメーカーをご紹介させていただきます。

相談無料なので些細なこともお聞かせくださいwink

 

(担当:川村)

お問い合わせはこちら

オススメ記事

おうちのブログ一覧へ