エコカラットの特徴について◎

イオンモール伊丹昆陽店大阪店奈良店南大阪店建築まめ知識

こんにちは!!

登録住宅会社100以上!中立公正な立場であなたの家づくりを徹底サポートするおうちの相談窓口です!

毎日暑いですね。夏休みどうやって過ごそうかな~と悩みますね。

 

さて、SNSなどでもよく見るようになったエコカラット!!

みなさん聞いたことありますか?

エコカラットは、LIXILから発売されている内装用壁材です。

(参照:https://www.ecocarat.jp/)

 

■エコカラットとは?

エコカラットとは、粘土や鉱物などの複数の原料から作られたタイル状の内装用壁材のこと。

「多孔質セラミックス」とも呼ばれます。

 

エコカラットは、日本に古くからある「土壁」や「砂壁」をヒントとして開発されました!

土壁や砂壁は、高温多湿な日本の気候の中で住宅内の湿度を調整し、カビやダニの発生を抑える効果があるのです。

 

エコカラットには、空気を吸放出吸放出する孔(あな)があります。

この孔が空気を通すことで室内の調湿効果が期待できます◎

 

■エコカラットの効果とは?

1、調湿性能

すぐれた調湿性能で快適な湿度を保とうとする効果があります。

そのため、窓の結露の抑制、室内干しルームや脱衣所のジメジメの解消、カビ・ダニ繫殖の抑制などの効果が期待出来ます。

 

2、消臭効果

エコカラットの持つ小さな孔は嫌なニオイを吸着する効果もあります。

家庭で発生する嫌なニオイと言えば…

「生ごみ臭」「トイレ臭」「たばこ臭」「ペット臭」などがありますが、この臭いの原因となるアンモニアやトリメチルアミン・硫化水素・メチルメルカプランなどの原因物質を一早く吸着し、悪臭を和らげる効果があります。

 

3、有害物質の低減

空気中に漂う有害物質を吸着し、低減する効果があります。

 

空気中に漂う有害物質とは?

ホルムアルデヒドやトルエン・キシレンなどのこと。

濃度が高くなると、頭痛や倦怠感を起こさせるといわれています。

このような有害物質は家具や建材から揮発され空気中に漂うのですが、エコカラットはそんな有害物質を吸着・濃度を低減する効果があると言われています。

 

以上、エコカラットの代表的な効果を3つご紹介しました。

次にデメリットをみていきましょう。

 

■エコカラットのデメリット

1、衝撃に弱い

エコカラットは焼き物・タイルです。

そのため強い衝撃はひび割れや破損の原因となります。

ペットが爪をとぐなどして、欠けてしまうことも。

ペットや小さなお子さまがいるご家庭では設置場所を高い位置にするなど工夫が必要ですね。

 

2、費用がかかる

様々な効果と高い意匠性…魅力的な商品ですが、一般的な壁紙と比べると高価なものになります。

エコカラットを採用する目的を明確にし、限られた範囲に効果的に施工しましょう◎

例えば、リビングのテレビ裏の壁面に施工すると見た目もオシャレで、一番家族が集まる場所なので調湿効果・消臭効果に期待したい場所だからいいかもしれないですね~★

 

本日は、「エコカラット」についてのお話でした!

家づくりの参考にしていただければ幸いです。

 

おうちの相談窓口は皆様の理想のマイホーム実現を応援しています!

資金計画・住宅会社選び・土地探しなど家づくりに関することならなんでもご相談ください。

皆様からのお問い合わせ、お待ちしております!

お問い合わせはコチラ

オススメ記事

おうちのブログ一覧へ