住宅ローン減税とは??

イオンモール伊丹昆陽店大阪店奈良店南大阪店建築まめ知識

 

登録住宅会社100社以上!
中立公正な立場であなたの家づくりをサポートするおうちの相談窓口です!

 

皆さん、住宅ローン減税という言葉はご存知ですか??
本日はあまり詳しくは知らない??聞いたことはある!!
という方にむけてお話してきます。

 

住宅ローン減税』とは


住宅ローン減税とは、正式には『住宅借入金等特別控除』といい
住宅ローンの金利負担額を軽減してくれる制度です。
住宅ローン控除とも呼ばれています。


具体的に、住宅ローンを借りて、マイホームを新築や購入した人は、
年末調整もしくは確定申告により、


年末時点での住宅ローン残高の1%が最大10年間所得税から還付される制度

 

です。
所得税だけで控除しきれない場合は住民税からも控除が受けられます。


住宅ローン減税で控除される金額の上限は、住宅性能によってことなりますが、
一般住宅で4000万円の1%。
長期優良住宅や低炭素住宅の場合は5000万円の1%となっており、
単純に最大40万円か50万円が1年間の最大控除額となります。

 

住宅ローン減税の条件とは

 

1、住宅ローン減税を受ける人が自ら居住する

 

住宅の引渡し、または工事完了から6ヶ月以内に減税を受ける方人自身が住むこと
実際に本人が居住しているかは住民票で確認されます。


2、住宅ローンの返済期間が10年以上


3、合計所得が3000万円以下

 

ご夫婦別々でローンを借りる(ペアローン)場合は所得をそれぞれで判断する為、
合計所得金額が3000万以下であることが条件。


4、床面積が原則50㎡以上

 

対象となる住宅の床面積は原則50㎡以上必要となります。
ですが合計所得金額が1000万円以下の人に限り40㎡以上からでも対象となります。

 


住宅ローン減税を受けるには??

 


住宅ローン減税の対象かどうかは、契約をした日にち、居住をした日にちで決まります。


今現在では注文住宅の場合

 

令和3年(2021年)9月30日までに契約、令和4年(2022年)12月31日までに居住


分譲住宅(建売)、マンション、中古の場合

 

令和3年(2021年)11月30日までに契約、令和4年(2022年)12月31日までに居住

 

となっております。
今まさに注文住宅を検討されている方がいましたら
すこしお早めに検討してはいかがでしょうか??
ちなみに12月1日以降の政策に関してはまだ未定となっております。


住宅ローン減税を受ける為には居住した年の翌年に確定申告をする必要があります。
会社員などの方からするとあまり馴染みはないかとおもいますが、
税務署で確定申告を行わないと住宅ローン減税の控除を受けることが出来ません。


遅れないよう必ず申告しましょう!!


もし個人で難しい用であれば、担当の営業マン等に相談されては如何でしょうか??

 

如何でしたでしょうか??

 

国が用意してくれた制度
使わないのは損ですよね。
期限もまもなくと迫ってきてますので
この機会に検討されては如何でしょうか??

 

もう少し詳しく聞きたい、相談したい
という方おられましたらコチラからご予約お待ちしております。

 

 

※お問合せ・ご来店予約はコチラ

*勉強会はコチラ

 

 

おうちの相談窓口は皆様の理想のマイホーム実現を応援しています

 

 

オススメ記事

おうちのブログ一覧へ