タンク付き?タンクレス?

イオンモール伊丹昆陽店大阪店奈良店南大阪店建築まめ知識

こんにちは!!

登録住宅会社100以上!中立公正な立場であなたの家づくりを徹底サポートするおうちの相談窓口です!

 

日常生活には欠かせないトイレ!!

おうちづくりをする際に、タンク付き・タンクレスで悩まれる方も多いのではないでしょうか?

我が家は現在タンク付きトイレです。1番困ることは手洗いのところにホコリが溜まること!!掃除がなかなか大変…

 

タンク付きトイレ(TOP画像右側)とは、タンク部分と便器本体、便座が組み合わさった昔からあるトイレです。

みなさんも馴染みがあるのではないでしょうか?

タンクレストイレ(TOP画像左側)は、ロータンクもしくは従来便器の後ろ側のタンクのないトイレのこと。

仕組みとして、タンクレストイレは水道直結で水を流します。

 

タンク付きトイレのメリットは、手洗いがセット・水圧が低くても設置可能・タンクレスより費用を抑えれる・停電時に使用可能。

デメリットは、掃除がしづらい・タンクが場所を取る・連続で水を流せない・タンク上の手洗いが小さなお子さまには届きにくい。

などが挙げられます。

 

一方、タンクレストイレのメリットは、

〇トイレ内の空間が広くなる

タンクの部分がないだけで空間にゆとりを持つことができます。

〇掃除が簡単で掃除が楽

便器と便座が一体となっているので、コンパクトで凸凹が少ないのが魅力。

〇見た目がオシャレ

タンクレストイレのシンプルなデザインはトイレ全体をすっきり見せてくれる効果がある。

〇連続で水が流せる

タンク付きでは、一度水を流すとタンクに水が溜まるまで待つ必要があるが、タンクレスは水道管から直結しているので連続で流すことができる。

〇節水効果がある

タンク付きトイレより節水効果が高い。

 

タンクレストイレのデメリット

●手洗い器を別で設置する必要がある

トイレの横が洗面室であれば、さほど気にならない場合もありますが、手洗い付きのトイレを利用してきた人は不便に感じることもありそうですね。

●停電時に不便

タンクレストイレは、電気を使って水を流す仕組みのため停電時はバケツなどに水を溜めて流す必要がある。

●水圧によっては設置できない

水道管から直接水を引くため、一定上の水圧が必要になる。

●価格が高い

タンク付きトイレに比べて価格が高い傾向がある。

●ウォシュレットの交換ができない

便器部分を含めた全体を交換する必要がある。

 

いかがでしたでしょうか?

メリット・デメリットを理解した上で検討してみてくださいね。

2階建てのおうちで1階リビングであれば、

比較的頻繁に利用する1階のトイレをタンクレス・2階をタンク付きにしてみるのもよさそうですね!!

 

おうちの相談窓口は皆様の理想のマイホーム実現を応援しています!

資金計画・住宅会社選び・土地探しなど家づくりに関することならなんでもご相談ください。

お気軽にお問合せください!!お待ちしております↓↓↓

 

お問い合わせはコチラ

オススメ記事

おうちのブログ一覧へ