その引き違い窓必要ですか?

イオンモール伊丹昆陽店大阪店奈良店建築まめ知識

登録住宅会社100以上!中立公正な立場であなたの家づくりを徹底サポートするおうちの相談窓口です^^!

 

本日は窓のお話~

窓って実はすごーーーく重要なのです!!

_____________________________________

 

図面にあったから…とすべての窓が引き違い窓になっていませんか?

引き違い窓とは、TOPの画像にもあるような、左右どちらからでも開閉できる窓のこと。

床からの大きなサイズのことは掃き出し窓と呼びます。(人が出入りできる)

 

意味のある、理由のある「引き違い窓」ならいいのですが、窓と言えば引き違い窓でしょ。というような引き違い窓はぜひ再考してみることをおすすめします。

 

実は窓って、すごくたくさん種類があります。

>>過去ブログ「いろいろな窓」で写真付きでご紹介しています。

 

引き違い窓以外に、縦滑り出し窓、横滑り出し窓、上げ下げ窓、開けることのできないFIX窓など。

縦滑り出し窓は窓ガラスの部分が「帆」の役割をして、風を室内に取り込みやすかったり、横滑り出し窓は少し窓を開けても視線を遮ることができたり、それぞれ特徴があります。

 

お風呂や、洗面脱衣室の窓は引き違い窓よりも、横滑り出し窓で風を取り込みつつ、視線を遮れた方が便利ですよね。

横滑り出し窓なら開く角度も決まっているので、防犯の面でも安心です。

 

また、一つの窓に複数の窓を組み合わせることもできます。

例えばこんな感じ↓

(参照:https://www.lixil.co.jp/lineup/window/samos_x/feature/design/

 

開かない採光用の窓であるFIX窓と滑り出し窓を組み合わせています。

開かない部分があることで気密性が高くなりますし、大きな引き違い窓がついているよりも、見た目的にもスマートです。

 

適材適所。場所や用途に合わせて、窓もしっかり選びましょうね!

 

また、窓は外観にも大きく影響を与えます。

出来上がったパースを見せてもらってもなんだかパッとしない。。

そんな時は窓を要チェックです。

 

窓の位置がばらばらだとまとまりのない印象になってしまいます。

また、引き違い窓を多用すると、せっかくの注文住宅なのに、ありきたりな印象になってしまうことも。

おしゃれだなーと思うお家をよく見てみると、引き違い窓の少なさに気づきます。

登録住宅会社の施工事例やモデルハウスの写真を集めてみました↓

引き違い窓の少なさがわかりますよね。

ずっと引き違い窓を少なくしましょうと書いてきましたが、決して引き違い窓が悪いわけではありません。

窓=引き違い窓を想像するくらい、日本人に馴染みある窓だけあって、使い勝手はとてもいいです。

出入りするためには引き違い窓、掃き出し窓が必須ですしね。

でも、それ以外にもいろんな窓の選択肢があることをぜひ覚えていてくださいね。

適材適所、いろんな窓の中から最適なものを選ぶ!

これが大切です◎

 

おうちの相談窓口は皆様の理想の住まいの実現を応援しています!

家づくりの疑問質問、なんでもお気軽にご相談ください^^

 

お問合せ・ご来店予約はコチラから

 

お待ちしております♩

オススメ記事

おうちのブログ一覧へ