下にレールがない!上吊り戸でスッキリ◎

イオンモール伊丹昆陽店大阪店奈良店建築まめ知識

登録住宅会社100社以上!中立公正な立場であなたの家づくりを徹底サポートするおうちの相談窓口です^^!

 

本日は、建具のお話。

「上吊り戸」についてご紹介したいと思います!!

(注文住宅は決めることがいっぱいですね!)

 

上吊り戸とは、トップの写真のような天井や壁上部から吊り下げられた形でついている引き戸のことを言います。

(出典:https://www.lixil.co.jp/lineup/livingroom_bedroom/raffis/case/

 

一般的な引き戸の場合、床にレールが付きますが、それがない!ということが最大の特徴です。

レールがないことで、お掃除も楽になりますし、開けた時に空間のつながりを感じやすくなります。

ペットを飼っているお家では、よくレールに毛が溜まってしまったり、扉についているコマの部分に毛が絡まってしまって引き戸の動きが悪くなるということがあるようですが、吊り戸ならその心配がありませんね。

 

掃除が楽で、見た目もスッキリな吊り戸ですが、デメリットも。

それは気密性の低さです。

上から吊り下げている為、床とドアの間には隙間があります。

今のお家は全館空調システムがついていたり、気密・断熱性の高いお家が多く、家全体の温度が均一なお家が多いので、温度という部分では気密性の低さは問題にならないかもしれません。

しかし、音が漏れるという点に注意が必要です。

トイレの場所などによっては来客がある時に使いにくいなどの問題が出るかもしれませんので要注意ですね。

 

吊り戸について、おわかりいただけましたか?

引き戸にするか、広き戸にするかというのも悩むところですよね。

引き戸の方が物を持っている時に開けやすい、車いすになった時にも生活しやすいというメリットがありますが、必ず引く部分の壁が必要になる引き戸。なかなか間取り的に採用することが難しい場所もあります。

デザイン的な観点では開き戸なら洋風、引き戸なら和風というイメージもありますね。(いろいろなドアのデザインで変わりますが)

使い勝手・間取り・デザイン、、、ドア一つ取ってもいろいろな要素が関わってきますね。

家づくりは難しい…でも楽しい!!

 

おうちの相談窓口は、皆様の理想の住まいの実現を応援しています!

資金計画・土地探し・住宅会社選び

家づくりをトータルサポートいたします!

 

>>お問合せ・ご来店予約はコチラから

オンライン・電話相談も受け付けております!

 

オススメ記事

おうちのブログ一覧へ