マンションと戸建て、生涯かかる費用を比較!

イオンモール伊丹昆陽店大阪店奈良店建築まめ知識

登録住宅会社100社以上!中立公正な立場であなたの家づくりを徹底サポートするおうちの相談窓口です!

 

「新しく住宅の購入を検討しているけど、マンションか戸建てのどちらにするか迷っている。」

このようにお悩みの方も多くいらっしゃいます。

そこで今回は、マンションと戸建ての初期費用や月々にかかる費用、さらに生涯で必要な費用を比較していきます。

 

□初期にかかる費用比較

 

初期にかかる費用として、マンションと戸建ての販売価格を比較しましょう。

 

一般に、マンションの方が販売価格は安いというイメージがあるかもしれません。

その理由は、マンションの方が戸建てよりも土地代が安いためでしょう。

戸建ての土地代は敷地面積すべての分であるのに比べて、マンションの土地代は全体の延べ床面積のうち、自分の部屋の延べ床面積が占める割合で決まります。

そのため、部屋数が多いマンションでは土地代を抑えられるかもしれません。

 

しかし、億ションという言葉があるように、マンションでも販売価格が戸建てよりもかなり高い場合があります。

販売価格には、土地代だけでなく建物の価格も含まれますが、ジムやスパが付いており施設が充実しているマンションでは高額となります。

そのため、できるだけ建物にかかる費用を抑えようとすると、共用設備の充実度は下がってしまう点に気をつけましょう。

 

ここまで、初期費用について確認しました。

実は、この費用は生涯で必要な費用のおよそ4分の1と言われています。

初期にかかる費用だけでなく、月々に必要となる費用がマンションと戸建てではかなり異なります。

そのため、販売価格が安いからといってマンションの方が安く済むわけではありません。

そこで次は、月々にかかる費用を比較していきましょう。

 

□マンションと戸建ての月々にかかる費用比較

 

マンションと戸建てそれぞれにかかる月々の費用は、主に光熱費とメンテナンス費用に分けられます。

それぞれについて確認していきましょう。

 

*光熱費について

 

光熱費は、主に電気代とガス代、灯油代の合計ですが、これはマンションの方が安い場合が多いです。

特に電気代は冬に高くなることが多いですが、冬に暖かい住宅の条件として、住宅と外との表面積が小さいことがあります。

マンションの場合、自分が住む部屋の隣にも部屋があることが多いため、外との表面積が小さいです。

そのため、冬でも暖かく、エアコンの使用量が少ない場合が多いでしょう。

 

しかし、戸建てでも高気密や高断熱の住宅であれば、夏は涼しく冬は暖かいため、電気代を減らせます。

 

*定期的なメンテナンス費用について

 

多くのマンションは、およそ10〜20年に1度のペースで大規模工事を行います。

そのための費用として、管理費や修繕積立金を毎月支払うのですが、目安として毎月それぞれ約1万円ずつ必要です。

 

しかし、これらの費用はマンションによって異なります。

また、築年数やマンション全体の人数によって値上がりする場合もあるため、あくまで目安としてお考えください。

 

ここで気をつけておきたいことが、この管理費や修繕積立金が使用されるのは、主に共有部の工事のみだということです。

自分の部屋の洗面やキッチンの工事をする際には、別で費用が必要であるため気をつけましょう。

 

これに対して、戸建ての場合は主に外壁や屋根の修繕に費用がかかります。

外壁や屋根は、10年に1度くらいのペースで塗装をし直すことが理想ですが、1回の塗装でそれぞれ約60〜80万円必要になる場合が多いです。

 

マンションの管理費と修繕積立金の合計が月2万円とすると10年で240万円です。

戸建ての場合の塗装費用が10年で約120〜160万円です。

マンションと戸建てを比べると、戸建ての方がメンテナンス費用は抑えられるでしょう。

 

また、マンションでは毎月の支払いの義務がありますが、戸建ては自分のタイミングで修繕できます。

そのため、支払いのタイミングをコントロールできることもメリットでしょう。

これらの光熱費やメンテナンス費用に加えて、車を所有している場合にマンションでは駐車場代もかかります。

月々にかかる費用はマンションの方が高い場合が多いでしょう。

 

□生涯で必要な費用比較

 

50年間同じ住宅に住み続けるとしたら、どちらの方が費用を抑えられるのでしょうか。

 

販売価格は一般的に戸建ての方が高く、月々にかかる費用はマンションの方が高いため、確実にどちらが安いとは言い難いのです。

しかし、初期にかかる費用が生涯でかかる費用の4分の1と言われていることを考えると、戸建ての方が安い場合が多いかもしれません。

 

マンションで具体的な数字を確認すると、管理費と修繕積立金が月1万円ずつとして、50年では1200万円です。

さらに駐車場代が仮に月1万円とすると、50年で600万円もの金額です。

 

戸建てで修繕のために10年に1度塗装をするとしても、50年で約900万円であるため、マンションでかかる費用の半分ほどです。

実際には、マンションの管理費や修繕積立金、駐車場代はこれよりも高い場合が多いため、月々にかかる費用での差はかなり大きいでしょう。

 

□まとめ

 

今回は、マンションと戸建ての初期費用や月々にかかる費用、さらに生涯で必要な費用を比較しました。

●初期費用はマンションの方が安い場合が多い

●ただし、初期費用は生涯にかかる費用の4分の1

●マンションは毎月、修繕積立金・管理費・駐車場代がかかる

●戸建てのメンテナンス費用は外壁・屋根のみだと10年で80万

●50年住むとマンションでは1800万、戸建てでは900万と想定できる

 

 

 

 

おうちの相談窓口では、家づくりの基本的な知識からお話させていただきます。

家づくりを始めたばかりの方、まだ住宅購入を検討し始めたばかりの方もどうぞお気軽にお問い合わせください。

マイホームスタート期の方向けの勉強会も開催しております!

>>家づくり勉強会はコチラ

>>お問合せ・ご来店予約はコチラ

>>お家にいながら!オンライン相談はコチラ

オススメ記事

おうちのブログ一覧へ