快適な家の必須条件「気密」をわかりやすくご紹介!

イオンモール伊丹昆陽店大阪店奈良店建築まめ知識

登録住宅会社100以上!中立公正な立場であなたの家づくりを徹底サポートするおうちの相談窓口です!

 

すっかり涼しくなり、季節は秋になりましたね。

春からコロナウイルスには振り回せれっぱなし…

秋は穏やかに、心地良い季節を楽しみたいものです。

 

 

すっかり定番となった「オンライン○○」。

おうちの相談窓口でも「オンライン住宅相談」を開設しています!

ぜひお気軽にお問い合わせください。

>>「オンライン住宅相談」詳しくはコチラ

 

 

さて、本題です!

住宅会社選び、家探しをしていると

「高気密・高断熱」

という文言をよく目にするのではないでしょうか?

 

断熱はなんとなくわかりますが、「気密」といわれても「?」な方が多いのではないでしょうか?

そこで今日は「気密」についてできるだけわかりやすく解説できればと思います!!

 

「気密」は「快適な家」の必須条件。

しっかり勉強して、後悔のない家づくりをかなえてくださいね★

 

 

そもそも「住宅」は屋根・壁・窓・床で構成されます

それぞれを繋いで一つの住宅となるわけですが、それぞれの箇所に隙間があるとどうなるでしょうか?

 

冬場はせっかく暖めた空気が外に出ていき、冷たい空気が室内に入り込んでくる、、

夏場はせっかくの冷やした空気が外に出ていき、暑い空気が室内に入り込んでくる、、

 

ということが想像できますよね。

 

「隙間風」という言葉もよく聞きますよね。

ズバリ、家の隙間が多すぎて外の風が入ってきているのです。

 

つまり「気密」とはいかに家の隙間を少なくするか、空気の出入りを計画的にするか、を示す言葉なのです。

 

 気密性が高い=家の隙間が少ない 

 気密性が低い=家の隙間が多い 

 

ということ。

 

冬場、ずっと暖房を入れていても頭や顔ばかりが熱くなり、足元が寒い…という経験はありませんか?

この現象も家の気密性が大きく関わっています。

暖かい空気は上へ上へと上っていく性質があります。

暖かい空気が上から外へ逃げていくぶんだけ、足元から外の冷たい空気が室内へ引き込まれているのです。

意図しない空気の流れが発生してしまって、暖房をいれても寒いという悪循環になってしまうのですね。

これでは住み心地が悪いうえに、光熱費まで高くなってしまいます。

エコとも言えませんね。

 

「気密はいかに家の隙間が少ないか」ということ。

お分かりいただけたでしょうか?

 

ここまで気密の話を聞いていると、

「なんだか気密が高いと息苦しそうだな…」

と思った方もいらっしゃるのでは?

 

そんな心配はいりません。

住宅には24時間換気システムをつけることが義務化されており、気密性が高い家ほど、換気システムが効率的に作動し、空気の計画的な循環がうまくいく、快適な家になるのです。

気密と換気は相反するようで、2つでひとつなのです。

 

気密性が重要だということがよくわかりますね。

では最後に、購入する家の気密がどうなっているか確かめる方法をお話します。

 

気密性能は「C値」という数値で表されます。

 C値=「隙間相当面積」 

延べ床面積に対する隙間の面積を表します。

難しい計算式は置いておいて、覚えておいていただきたいのは

 C値1.0以下が基本 だということです。

10年ほど前までは、C値が3.0や5.0という隙間の多い家が建てられていましたが、技術の進歩や意識の改革によってかなり性能が上がってきているようです。

これからも性能が向上していくことを考えると、C値1.0が最低ラインだと思っておいた方がいいかもしれませんね。

 

ここで気を付けたいのが、「C値は建ててみないと分からない」ということです。同じ住宅会社が建てた家でも家ごとにC値は変わります。

また、C値は計算で求められるようなものではなく、実際に家を建てた後に現地で測定をして数値を出すのです。

ではどうやってお願いする住宅会社のC値を確かめればいいのでしょうか?

 

今までに建てた家のC値の最高と最低、平均を知ることができれば一番ですね!

C値を聞いたときに展示場の数字のみを伝えてくるような会社は少し注意です。展示場は丁寧に作られていて当たり前ですからね。

また、C値の測定を行っている頻度もその会社がどれだけ気密性にこだわっているのかを判断する材料になりますよ。

全棟検査を実施しているような会社は安心できますね◎

 

快適な家に必須条件の「気密」についてお分かりいただけましたか?

「気密」だけでもこんなにいろいろお話することがあるように、家づくりは難しい、ややこしいことがいっぱいです💦

家を建てた人の半数以上が後悔している・・というのはこの難しさが原因ではないでしょうか。。

 

おうちの相談窓口でプロに相談しながら家づくりをすすめませんか?

家づくりはプロと一緒にが新常識。

おうちの相談窓口は皆様の理想の住まいの実現を応援しています!

 

 お問合せ・ご来店予約はコチラから 

 

 オンライン住宅相談も好評受付中です!! 

 

オススメ記事

おうちのブログ一覧へ