今話題の「パッシブデザイン」とは

イオンモール伊丹昆陽店大阪店奈良店建築まめ知識

こんにちは!おうちの相談窓口🏠イオンモール伊丹昆陽店です。

あっという間に1月も後半に入りました。

三学期はあっという間に終わりそうだと感じている世の中のお母さんたちは多いのではないかと思います。

 

 

本日は今話題にもなっている

「パッシブデザイン」について取り上げたいと思いますsmiley

 

パッシブデザインとは

 

 

パッシブ【passive】

[名]受動態

[形動]自分からは積極的に働きかけないさま。受動的。消極的。「パッシブな行動」⇔アクティブ

 

と言った、言語の意味からも分かるように、パッシブデザインとは、自然のエネルギーを受動的に利用する手法。

太陽の光や風といった、

「誰にも等しく与えられる自然の恵み」

を家の快適さに活用することです。

 

パッシブデザインの基本は、

■暖かい空気は室内下部から上部へと移動する。


■冷たい空気は室内上部から下部へと移動する。


■太陽光は季節によりその角度を変える。

 

などの、とても基本的な“自然の法則”を利活用し、極力電力に頼らず心地よい家にすることです。

 

自然のエネルギーを受動的に、そして上手に利用する考え方をパッシブデザインと呼ぶのです。

 

つい先日ブログでご紹介した、住友林業の

涼温房

もパッシブデザインの手法を存分に取り入れた仕組みと言えます!

 

 

エネルギー問題が深刻化する現在・・・

ZEHや、全館空調システムなどの、高機能省エネ住宅が沢山生まれています。

それはそれで素晴らしいのですが、

このパッシブデザインは、また一つ違ったエコ住宅。

より自然に寄り添う形の、本来あるべく姿のエコと言う感じです。

ZEHは少しハードルが高いと感じる方も多いと思われますが、

このパッシブデザインは、設備ではなく設計で、年中通して快適に過ごせる家を作るわけですから、

より身近に感じられると思います。

 

使うものも、ひさしや植栽。

そして太陽と風の力を最大限に利用する。

一番自然に近いエコ住宅なんです。

 

もちろん、それだけでいいわけではなく、冷暖房のちからも借ります。

自然のちからと少しの設備が共存し、力を補い合うわけです。

 

あなたと地球の未来のために。

パッシブデザイン。

広めていきたいですね!!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

おうちの相談窓口イオンモール伊丹昆陽店では、伊丹、西宮、宝塚、尼崎の阪神間を中心に、主に注文住宅をお考えの方の、おうちをお探しの方に、家づくりのご相談をお受けしています。

家づくりの相談から資金計画、住宅ローンのご相談、建築会社のご紹介まで、全て無料でお手伝いさせていただいておりますので
どんなことでもお気軽にご相談ください。 

おうち探しなら

注文住宅なら

おうちの相談窓口まで♫

◆当社のサービス内容についてはこちらをご覧ください。
 

◆お問い合わせ・ご相談の予約はこちらからお願いします。

 

注文住宅・資金計画・工務店/ハウスメーカー選び・おうち探し

はおうちの相談窓口におまかせ!!

 

(担当 反町)

 

 

 

 

 

 

オススメ記事

おうちのブログ一覧へ