照明でこなれ感✨のある部屋に

イオンモール伊丹昆陽店大阪店奈良店建築まめ知識

 

こんにちは。

おうちの相談窓口🏠イオンモール伊丹昆陽店です。

ブラックフライデーという言葉を、最近よく耳にします。

イオンモールでも開催予定のようで、告知のアナウンスがずっと流れています(笑)

 

 

ブラックフライデーとは、11月の第4木曜日の翌日にあたる日のこと。

小売店などで大規模な安売りが実施される日として周知されています。

日本ではまだあまり馴染みがない気もしますねcheeky

ちなみに、小売業が黒字になるとの意味でブラックらしいです。

 

みなさまも、イオンモールに是非お買い物にお越しくださいね🎵

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

皆様のお宅のリビングはいくつの照明器具があるでしょうか?

一つ?二つ?それ以上でしょうか💡

 

今、照明一つでお部屋の雰囲気をぐっとオシャレにする

照明コーディネート」が注目を浴びています。

 

ただ明るい事だけを意識して、照明を選ぶのはもう終わり。

美しい陰影を楽しめるようなコーディネート方法、照明器具・ランプの選び方を学び、こなれた部屋に生まれ変わらせましょうheart

 

 

 

照明の方法には、部屋全体を明るくするために使う「主照明」と手元を照らしたり室内を演出するときに使う「補助照明」があります。

 

照明の位置は、部屋のどこで何をするかによって決めるのが基本。

 

例えばリビングは、部屋の中心にテーブルと、本を読むソファーに補助照明を設けるととても便利ですよね。

 

このように、一室に複数の照明があることで、陰影、そして奥行き感がうまれ、深みのある空間を演出できるようになります🎵

 

照明プランを、自由に決められるのも注文住宅やリフォームの楽しみの一つyes

 

しかし、決めるタイミングによっては照明器具の数や配置、器具の種類に制約が出てしまうことがあります。

特に天井に埋め込む「ダウンライト」や、壁にかける「ブラケット」は内装工事が始まった後では取り付けられない場合があります。

 

なので、思い通りの照明プランを実現したいなら、間取りの検討と同時に進めるのがベターです。

その方が窓や家具の配置などを考慮しながら、照明器具やスイッチの位置を決めることが出来ます。

照明の位置や数、器具デザインなどを十分に検討することで、陰影の愉しめる美しい空間が創り出せますよsmiley

 

 

 

照明器具は、インテリアテイストを考慮しながら、必要な赤るさ(ワット数)が確保できるように選ぶのが基本。

しかし同じワット数の照明器具でも、配光パターンやデザインによって明るさの印象はかなり違うので、お店で見る時はランプをつけてみましょうyes

赤みのある暖かな色の白熱ランプ、青白く太陽光に近い色の蛍光ランプ、白熱ランプに近い色の電球色蛍光ランプがあります。

光の色が異なると落ち着かない空間になるので、一室に複数のランプを使うなら、同じ種類のランプを選ぶようにしましょう。

 

我が家では夜8時を過ぎると、間接照明だけにして、大人だけで落ち着いた雰囲気で過ごすのがお決まりです。

一日の中で一番リラックスする時間で自然と眠たくなり寝つきにも良いのでおススメですsmiley

光の演出で、心身ともに癒される空間作り、

あなたもしてみませんか✨

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

おうちの相談窓口イオンモール伊丹昆陽店では、伊丹、西宮、宝塚、尼崎の阪神間を中心に、主に注文住宅をお考えの方の、家づくりのご相談をお受けしています。

家づくりの相談から資金計画、住宅ローンのご相談、建築会社のご紹介まで、全て無料でお手伝いさせていただいておりますので
どんなことでもお気軽にご相談ください。 

◆当社のサービス内容についてはこちらをご覧ください。
 

◆お問い合わせ・ご相談の予約はこちらからお願いします。

 

注文住宅・資金計画・工務店/ハウスメーカー選び

はおうちの相談窓口におまかせ!!

 

(担当 反町)

 

 

オススメ記事

おうちのブログ一覧へ