準防火地域に家を建てる。制限と意外なメリット

イオンモール伊丹昆陽店大阪店奈良店建築まめ知識

登録住宅会社100社以上!中立公正な立場であなたの家づくりを徹底サポートするおうちの相談窓口です!

突然ですが、「準防火地域」「防火地域」という言葉をきいたことがありますか??

土地探しを始められている方はもう聞いたことがあるかも。

本日は準防火地域で家を建てるなら知っておくべきポイントと意外なメリットのお話です♪

 

土地探し中の方はコチラも必見

建築条件付き土地とは

旗竿地ってなに?

 

 そもそも「準防火地域」てなーに? 

そもそも「準防火地域」とは。ここから勉強しましょう。

 

日本では家・人々を守るために、家に一定以上の耐火性能を持たせることが義務付けられています

住宅密集地で火事になると、一軒だけの火事でおさまらず、延焼する危険性がありますよね。それを最小限に抑えることが目的の法律です。

 

求められる耐火性能は4段階。

①防火地域 ②準防火地域 ③法22条区域 ④無指定

 

一番高い防火性能が求められるのが①の防火地域です。

防火地域に指定されるエリアは主要駅や幹線道路沿いなど、民家というよりは、ビルやお店が立ち並ぶ地域です。

そのため、家づくりのための土地探しではあまり関係のないエリアになります。

 

気をつけたいのは②の準防火地域のエリア。防火地域の周辺に設定されていることが多く、駅近の便利な住宅エリアがこの準防火地域に指定されていることが多いです。

良い土地だな!と思ったら、準防火地域だった。というのはよくある話。ただ、準防火地域で家を建てる時の注意点を理解したうえで購入を決めれば後悔はないはずです。

 

③の法22条区域はさらに準防火地域の周辺に設定されています。

法22条区域では大きな制限はないのですが、屋根に燃えにくい素材を使う必要が出てきます。

 

 準防火地域で家を建てる時の注意点 

では次に、準防火地域で家を建てる時の注意点を見ていきましょう。

準防火地域に家を建てる場合、一般的な家に比べて高い耐火性能が求められるようになります。

耐火性能を高くするためには、窓を網入りガラスにしたり、シャッターをつけたりということが必要になってきます。

また、使える窓の種類が限られたり、大きな窓が作れないという制限も出てきます。

さらに、木造建築3階建ての場合、さらに高い耐火性能が求められ、費用が高くなりやすいです。

構造に使う木を見せられなかったりという意匠的な制限も出てきます。

耐火性能が高いということは住む人にとってもメリットですが、建築費用が高くなる・求めていたデザインができないことがあるというデメリットがあるということです。

 

準防火地域の土地を買う場合にはこれは必ず理解しておきたいポイントですね。

 

 意外なメリット 

準防火地域で家を建てるのは大変そうだなあと思われた方も多いのでは?そんな方に少しうれしい情報です。

2019年6月から建築基準法が改正され、

準防火地域の土地では建ぺい率が+10%

されるようになりました✨

駅近の人気エリアなどはもともと小さい土地も多いですし、土地の値段も高めですから、建ぺい率の緩和は大きなメリットと言えるのではないでしょうかlaughyes

 

建ぺい率ってなに?という方はコチラ

土地購入をお考えの方必見「?」な専門用語を解説します

 

 

ちなみに、準防火地域と法22条区域など2つの区域にまたがる土地は、厳しい方の区域が適用されます◎

 

 

「準防火地域」に家を建てる時の注意点、意外なメリットはご理解いただけましたか?皆様の家づくりの参考になれば幸いですsmiley

初めての家づくりでは「?」な用語が出てくる機会がたくさんあるのではないでしょうか?

そんな時はぜひおうちの相談窓口にお気軽にご相談くださいね。

家づくりのプロが中立な立場であなたの家づくりをサポートします。

最近はLINEでもお客様とやりとりをさせて頂いているので、以前よりさらにお気軽にご相談いただけているのではないかと思います。(LINEはご来店いただければお知らせいたします♪)

 

ご来店のご予約・お問い合わせはコチラから

オンライン住宅相談もお気軽にどうぞ!

 

 

オススメ記事

おうちのブログ一覧へ