いろいろな窓

イオンモール伊丹昆陽店大阪店奈良店建築まめ知識

こんにちは^^おうちの相談窓口です!

九州でひどい雨になっているようですね。大きな被害が出ないことを祈るばかりです。

近畿も今週末までずっと雨の予報ですね。

気温の変化が大きい季節の変わり目。体調管理に気をつけなければ。ですね🍀

 

さて、今日は窓についてのお話です。

窓って、キッチンや洗面などに比べて、わすれられがちな住宅設備ですが、家の外観にも内装にも大きな影響を与えますし、性能も左右するとっても大切なものです。また、風や光を取り込む重要な役割があるので、住み心地にも直結しますよね。

そんな重要な「窓」について、シリーズでご紹介していきたいと思います。

第一弾として今日はよく使われる「窓」3種類のそれぞれのメリット・デメリットをお伝えしたいと思います。

 

その1「縦滑り出し窓」

縦長の形が印象的なこの窓。ドアのような形で開閉します。

昔はあまり使われていなかったようですが、最近は戸建てでよく使われるようになりました。

この窓の特徴は何と言っても「風を取り込む力がすごい」ことです。

開けた時にガラスの部分がウィンドウキャッチャーとなって、壁に対して平行に吹く風も室内へ取り込んでくれるのです。

その風を取り込む力は次に紹介する「引き違い窓」の10倍というデータもあります。

また、気密性が高いのもこの窓のメリットです。

せっかくこだわった高気密の家を建てるのなら、窓の機密性能も忘れてはいけませんyes

メリットばかりに思える「縦滑り出し窓」ですが、開けた時に大きくガラスの部分が前面にでるので(だから風を取り込めるのですが・・)隣家の敷地へ越境しないかどうかはよく確認しなければなりません

 

その2「引き違い窓」

THE窓!といった感じの「引き違い窓」。窓と言えばこの形ですよね。

建売住宅でもよく使用されていますし、注文住宅でも窓の形に迷ったらこれを選んでおけば間違いないと選ばれる方が多いかもしれません。

ただ、ポピュラーな窓だからといってこの窓ばかりを多用するのは危険です!

まず、外観として、あまり引き違い窓ばかりだと、せっかくの注文住宅がありきたりな感じになってしまった。という残念な結果になることがあります。

外観にこだわるなら、窓の形・位置もこだわって選びたいものです。

 

また、風を取り込みずらいというデメリットがあります。

窓に対して正面から吹いてくる風は問題ないのですが、平行に吹く風は全然室内へ取り込めないのです。

私の実家のマンションも角部屋で窓はたくさんあるのですが、全部この引き違い窓なので、風の吹く方向によっては全く風が通らないときがありますcrying(窓から顔を出せば風が吹いているのに・・)

 

メリットは出入りがしやすいことが挙げられます。

どちらからでも出入りできるので、頻繁に出入りするベランダなどへの出入り口には最適と言えますね。

 

その3「横滑り出し窓」

横滑り出し窓はお風呂やトイレなどの水回りと相性のいい窓です。

開ける角度を調整できるので、視界を遮りながらも風を取り込みことができます。

また、開けっ放しになっていても、窓が屋根の役割をしてくれるので、雨が吹き込む心配がありません。

閉めてしまえば、気密性が高いこともこの窓のメリットです◎

 

 

よく使われる窓を3種類ご紹介しました。

他にも上げ下げ窓やFIX窓というはめ殺しの窓など、窓の種類はたくさんあります。

使い勝手と見た目のバランスを考えながら最適なものを選択できるといいですね。

また、窓の形だけでなく、窓のサッシ部分、ガラス部分の性能も大切になってきますので、次回はそのあたりを書きたいと思います!

 

基本を勉強して、後悔のない家づくりをしましょうね^^

 

おうちの相談窓口は皆様の理想の住まいを応援しています!!

家づくりはプロと一緒に。が新常識。

どうぞお気軽にご相談ください!

お問い合わせ・ご来店予約はコチラから

お待ちしております♪

(担当:為広)

オススメ記事

おうちのブログ一覧へ