今がチャンス!フラット35♫

イオンモール伊丹昆陽店建築まめ知識

 

みなさん、こんにちはsmiley

お家の相談窓口@イオンモール伊丹昆陽店です。

 

本格的な夏になって来ましたね。

日差しも夏本番といった感じですyes

みなさま、楽しい夏の計画は立てられていますか?

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

フラット35と言うワード、皆さん必ずどこかでお聞きになった事があると思います。

 

フラット35は、住宅金融支援機構が金融機関と提携して扱う全期間固定金利型の住宅ローンです。

支援機構が金融機関から債権を買取る「買取型」と利用者が返済出来なくなった場合の保険を支援機構が提供する「保障型」があります。

 

 

フラット35の主力商品はずっと買取型でしたが、実はここ数年は保証型の伸びが目立ちっているんですsmiley

 

2018年度の保障型の新規融資額は前年度比75%増の2420億円。

保証型の方が金融機関の自由度が高く、頭金比率などで厳しい条件を設けることにより、買取型より低い金利を提供出来るからです。

7月の金利は買取型の最低金利が1.18%

保証型(融資率8割以下)は住信SBIネット銀が0.97%と、1%を切る金利を打ち出しました!

では、もう一方の住宅ローンである、金融機関が独自に提供する変動型や当初10年固定型は、どのような状態になっているのでしょうか。

 

これもまた、確かに非常に低い水準にあると言えます。

10年固定型の7月適用分の最優遇金利は三菱UFJ銀行が0.69%

三井住友銀行が0.65%

いっときと比べると信じられないほどの低金利ですsmiley

ただ、10年固定の商品は10年後には金利が上昇するのが一般的・・・。

そして銀行の変動型はここにきて金利引き下げの動きが鈍ってきているのですno

インターネット銀行なども含め、既に限界まで金利は下げたとしている印象です。

その結果、フラット35と、銀行の変動型10年固定の金利差はかつて無いほど縮まっています!

この差を「将来の金利上昇に供える保険料」と捉えれば、極めて低いコストで金利上昇に備えられることになります。

 

これから住宅ローンを借りようと思っている方、

今はフラット35を利用する絶好のタイミングと言えます。

是非ご検討ください!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

お家の相談窓口@イオンモール伊丹昆陽店では、伊丹、西宮、宝塚、尼崎の阪神間を中心に、主に注文住宅をお考えの方の、家づくりのご相談をお受けしています。


家づくりの相談から資金計画、住宅ローンのご相談、建築会社のご紹介まで、全て無料でお手伝いさせていただいておりますので
どんなことでもお気軽にご相談ください。

 

❏当社のサービス内容についてはこちらをご覧ください。

❏お問い合わせ・ご相談の予約はこちらからお願いします。

(担当 反町)

オススメ記事

おうちのブログ一覧へ