ハザードマップをチェックしてみよう。

イオンモール伊丹昆陽店大阪店奈良店建築まめ知識

登録住宅会社100社以上!中立公正な立場であなたの家づくりを徹底サポートするおうちの相談窓口です!!

 

台風の季節になりましたね。

14号は少しそれたのか、あまり大きな被害はでない予想で一安心です。

 

雨が続くと思い出されるのが、一昨年の西日本豪雨。

岡山県倉敷市真備町では甚大な被害が出ました。

被害のあった地域が、ハザードマップで浸水を想定されていた地域と全く同じだったにも関わらず、30人近くの犠牲者を出してしまったことにも注目が集まりましたね。

ハザードマップを作成するだけではなく、住民に周知させないと意味がない。自治体の課題が浮き彫りになりました。

 

そこで…

お住まいの地域・引っ越したいと思っている町・買おうと思っている土地のハザードマップを今一度確認してみましょう。

 

知人の話ですが、、

伊丹市のとある土地を購入しようとしていたら、契約直前の打ち合わせで、メーカーから「ここは大雨が降った場合、浸水する可能性のある地域です…」と説明があったそう。

もう購入の準備を進めていたのにその一言で購入をやめにしたそうです。

もっと早く教えてよ!!!!

となりますよね。。。

そうならないためにもぜひこの機会にハザードマップの確認をおすすめします。

 

 

ハザードマップの確認はコチラから↓

国土交通省ハザードマップポータルサイト

このポータルサイトから各市町村のハザードマップのページに飛ぶことができます。

 

 

地震はもちろんですが、異常気象と言われている今、豪雨・浸水などにも強い家を建てたいものですね。

 

おうちの相談窓口は皆様の理想の住まい実現を応援しています。

ご相談・工務店のご紹介・ライフプランの作成などなど

すべてのサービスが無料でご利用いただけます。

・そろそろマイホームを建てたいなあ。

・まだまだだけど一度話を聞いておきたいなあ。

・部分リフォームと建替えどっちがいいのかな?

などなど家についてのお悩み、なんでもお答えします!!

皆様のご来店、お待ちしております★

 

◆当社のサービス内容についてはこちらをご覧ください。
◆お問い合わせ・ご相談の予約はこちらからお願いします。

 

 

 

オススメ記事

おうちのブログ一覧へ