和室、小上がりにしてみませんか?

イオンモール伊丹昆陽店大阪店奈良店建築まめ知識

 

登録住宅会社100社以上!中立公正な立場であなたの家づくりをサポートするおうちの相談窓口です^^!

 

本日は、最近流行りの小上がり和室」のご提案です。

最近は、リフォームや新築で、リビングなどに和室を作りたいとき、小上がり和室にするかフラットな和室にするか、悩む方が増えています。

段差がある和室、段差がない和室、どちらの方がくつろげるのでしょうか。

メリットとデメリットを理解して、小上がり和室を設置するときのポイントを把握しておきましょう!

 

 

 

まず・・・

小上がり和室は?

 

「小上がり和室」は文字通り、床面に高さを設けて小上がりになった和室のことです。
リビングの中に取り入れられるのが主流で、空間の中に高低差が出るため奥行きを感じることができるんですよ!

また、段差を収納スペースとして有効活用でき、さらにどのようなテイストの家にもなじむため、新築でもリフォームでも関心を向ける方が増えています♪

 

①収納が増える

②段差に座ってくつろげる

③立体感のある空間になる

④リビングのゴミが入りにくい

⑤布団を敷いてもベッドのように使える

⑥寝転んでも地べたのような不快感がない

 

このようなメリットが考えられます。段差のある小上がり和室は、家にあると楽しく過ごせるスペースが増えそうで、憧れますね。

 

 

でも小上がり和室、良い点だけでしょうか?

いえいえ、どんなものにもデメリットはあります。

デメリットも理解して、より良く理解してから、小上がり和室、採用してください^^

 


小上がり和室のデメリット

 

①バリアフリーに向かない

布団を敷きやすいというメリットがある一方で、「家族の介護が必要になったとき、小上がり和室を撤去した」というリフォーム例もあります。
※また、自動お掃除ロボットは当然、段差を昇り降りすることができません。

 

②幼い子供がいる場合も注意

小上がり和室は、幼い子供がいるご家庭でも注意が必要です。
段差が高すぎても落下する危険もありますが、段の高さが10cm程度と中途半端な方がつまずきやすくなってしまいます。

段差は35cm程度にして、転んだ際に手をつけるようにしておきましょう。

 

③リビングが狭く見える可能性がある

奥行き感を演出できるイメージがある小上がり和室ですが、リビングの広さや天井の高さ、和室の位置によっては、逆にリビングが狭く見えてしまうこともあります。
小上がり和室を使うときには、テーブルやタンスなどの家具も置くことも、しっかりイメージしておきましょう。

 

 

 

では、実際にどんな点に注意して、作れば、後悔のない小上がりスペースは完成するでしょうか?

 

■小上がり和室のポイントと注意点■

 

段差は30~40cmがベスト

小上がり和室を設ける場合、段差は必ず安全な高さにしましょう。
基本的に、階段の段差は20cmとされています。つまり、昇降しやすい高さは20cm位ということですね。

ただ、立ち座りするときには、30~40cmの高さが適切です。
また段差部分に収納を作るのであれば、20cmだと容量が少なくなってしまいます。

家族の身長や年齢にもよりますが、昇降時の負担を考える人は20cm、座ってくつろぐことを優先するなら30~35cmを選ぶ人が多いです。

 

天井と身長のバランスにも配慮を

小上がり和室は、背が高い方だと圧迫感があるかもしれません。
とはいえ、狭い方が落ち着くという人もいるので、家族の価値観を大事にしてください。
段の高さを決めるときには、結果的に天井との高さがどの位になるかも考慮しましょう。

 

収納の位置と広さをイメージしておく

段差に収納を作ると、出し入れの度にかがまなくてはならず、姿勢が辛くなってしまいます。
高さと奥行きがないため、入る物が限られてしまい、結局使わなくなってしまったという失敗パターンもあります。

段差部分を収納として使うなら、誰が使うか、何を収納するかを事前に考えておくことが大切です。

 

庭やウッドデッキとのつながりを考える

小上がり和室と庭をつなげてみたら、段差がかえって邪魔になってしまったという方もいます。
小上がり和室にするときには、隣接するスペースとの高さのバランスを、施工会社とよく相談しておきましょう。

 

間仕切りをつけるかつけないか

間仕切りをつけるかどうかという点も、小上がり和室の使用感や見た目を左右します。

オープンタイプの小上がり和室は、洗濯物を畳んだり、リビングの延長として使ったりする分にはほぼ問題ありませんが、他の部屋の音や臭いが気になってしまうため、寝室として使うときには向きません。

一方、間仕切り扉をつけて使うと、間取りによっては戸を閉めたときに圧迫感が出てしまいます。
半透明のドアや障子を採用すると解決できますが、和室を寝間として使いたいなら、防音性のある扉を選んだ方が良いでしょう。

 


デメリットについて改めてよく考え、家族の生活スタイルに合わせて、小上がりの和室を設置するかどうか選択しましょう!
 

お家の相談窓口では、新築の注文住宅ではなく、リフォーム、リノベーションのご相談も受け付けております。

「そろそろ水回りが気になりだした。」

「親から家を受け継いだけど、今風にアレンジしたい♪」

そんなご相談も無料で受け付けております。

是非、ご来店ください。

 

ネットでの来店予約はコチラ

>>お問い合わせフォーム

 

 

オススメ記事

おうちのブログ一覧へ