住宅ローンの利息、固定・変動について

イオンモール伊丹昆陽店大阪店奈良店建築まめ知識

登録住宅会社100社以上!あなたの家づくりを徹底サポートするおうちの相談窓口です!

________________________________

※店舗休業をしておりました、イオンモール伊丹昆陽店が本日5/18(月)より営業を再開いたしました。

(当面の間は10時~19時の時短営業となります。)

感染症対策を万全に営業いたします。どうぞよろしくお願いいたします。

_________________________________

 

さて、本日は住宅ローンのお話です。

家を買うと、たいていの方は住宅ローンを組まれる事と思います。


一生で一番大きな買い物となる住宅の購入・・・とっても高い買い物になるので、返していく利息だけでも多額のものとなります。

 

 

変動金利と固定金利

 

種類の違う二つの借り方をきちんと理解した上で、ローンを組みましょう!

まずは、変動金利と固定金利の違いから確認していきたいと思います。


住宅ローンは主につに分かれます。
まずは、完全固定金利型
借入期間中の金利がずっと固定される商品です。
金利固定期間に金利が上がると想定される場合には、変動金利型等より当初の金利は高くなりますが、借入期間中に金利が変動したとしても、住宅ローンの返済額は借入当初の予定から変わりません

 

 

次に変動金利型
「変動金利型」は半年ごとに金利が見直され、その金利の動きをもとに5年ごとに返済額が見直されるタイプです。

ただし、金利の変動に伴って返済額が上昇する場合でも、従来の返済額の1.25倍までという上限が定められています
金利の上昇局面では一般的に、完全固定金利型に比べて当初の適用金利は低めになっていますが、その後の金利上昇リスクを負うことになります。

 

 

そして3つ目は固定期間選択型
「固定期間選択型」は3年間、5年間などというように一定期間は金利が固定されていて、その期間が終了した時点で、再度金利を設定し、その金利によって返済額が見直されるタイプです。固定期間終了後の金利が大幅に上昇していた場合は、変動金利型のような返済額上昇幅の上限がないため、返済額が大幅に増える可能性があります

 

以上3つ、それぞれにメリットとメリットがあることがわかりました。
では今の時代、三つの住宅ローンのタイプの内どれが一番いい借り方といえるのでしょうか。低金利と言われている今、住宅ローンを借りるならどの方法は一番よいのかでしょうか?


次回は、その選び方についてお話したいと思います!

 

おうちの相談窓口では、家づくりの基礎知識として家づくりの「お金」に関するご相談も受け付けております。

お金のプロであるファイナンシャルプランナーが資金計画・ライフプランシュミレーション・住宅ローンの賢い借り方、返し方など、詳しくお話させていただきます。

もちろん、すべてのサービスが無料です。

どうぞお気軽にお問い合わせください。

 

>>お問合せ・ご来店予約はコチラから

>>勉強会も個別で開催しております

>>オンライン住宅相談も始まりました

オススメ記事

おうちのブログ一覧へ