ゆめすみかのハルクラスに規格住宅が登場!!

イオンモール伊丹昆陽店大阪店奈良店住宅会社紹介

登録住宅会社100社以上!中立公正な立場であなたの家づくりを徹底サポートするおうちの相談窓口です!

先日、登録住宅会社であるゆめすみかの営業さんが新しいパンフレットを持ってお店に来てくださいました◎

なんと、ゆめすみかさんからとってもお得な規格住宅のラインが誕生するとのこと。

 

規格住宅というのは、間取りを一から考えるのではなく、いくつかある決められた間取りの中から選択して家づくりを進める住宅のことを言います。

 

間取りを一から考えるのは、難しそう。

デザインにはこだわりたいけど、間取りにはこだわりがない。

できるだけ早く新居に引っ越したい。

 

などなど、規格住宅でも大満足。という方は実は多いのではないでしょうか。

 

規格住宅であれば、間取りを考える手間を省けることで、人件費が抑えられたり、期間が短くなるので、性能や設備はそのままに、お求めやすいお値段で提供することが可能になるのです。

 

建売はイヤだけど、注文はハードルが高い、、そんな方に、注文住宅を建てている会社の規格住宅という選択肢はアリだと思います!!

 

では、ゆめすみかの規格住宅の特徴をご紹介していきます♩

 

1.🌸ハルクラス🌸 一年中、春と暮らす家

というネーミングの通り、一年中春のような快適な室温で過ごせることがゆめすみかの最大の特徴です。

その秘密は「全館空調システム」ダイキンのビルトイン型エアコンと全熱交換器を併用することで、室内の温度・湿度を一定に、空気をきれいに保ちます。

この設備があることで、快適なことはもちろん、ヒートショックやシックハウス症候群を予防することに繋がります。

 

2.高気密・高断熱

1でご紹介したような、全館空調システムの力を最大限に活かすためには、高気密・高断熱であることが必須です。

高気密とは家に隙間がないということ。

高断熱とは家から熱が逃げにくい、外の熱が入ってきにくいということ。

隙間を少なくして、気密性を高め、室外の熱を遮断することで夏涼しく・冬暖かい理想の環境を作ることができます✨

 

3.地震に強い、2×6躯体(2×4工法)

日本で家を建てるなら、絶対に気になるのが耐震性ですね。

ゆめすみかのハルクラスは面で支えるパネル工法を採用。さらに2×4製材よりも太い2×6製材を使用することで、さらに丈夫な造りとなっています。

耐震等級も最高の3を取得。

耐震等級3を取得していると、地震保険が安くなるというメリットもあります◎

また、標準で制震ダンパーもついてきます!!

揺れを吸収することで、繰り返しの地震にも強くなります。

 

 

4.最後に気になるお値段は!?

 

 

施工床面積32坪で、、、1680万円!!

 

最初から、価格を明確にしてくれていることも嬉しいですよね^^!

この他、土地の価格+諸経費などが加わりますが、それでもこの高性能ならかなりお買い得かと思います!

 

 

ぜひゆめすみかの規格住宅、気になるお客様はおうちの相談窓口までお問い合わせください!

最近、ダイワハウスさんからも規格住宅が販売されています。他社とも比較してご検討いただけます◎

 

>>お問合せ・ご来店予約はコチラから

>>家づくりスタート期の方はまずは勉強会へ!

オススメ記事

おうちのブログ一覧へ