ゼロホームの二世帯住宅(1)

イオンモール伊丹昆陽店大阪店奈良店住宅会社紹介

 

 

ゼロホーム尼崎展示場の見学レポート第二弾!

本日は「須磨 子育てを楽しむ二世帯の家」

です。

 

設定は親世帯60代のご夫婦

子世帯30代後半のご夫婦、子供二人(8歳・5歳)

建築面積は35.85坪

延べ床面積は64.89坪です。

 

二世帯住宅というと、いろいろ面倒な問題がつきものですindecision

そんなイメージを払拭してくるゼロホーム自信の「二世帯住宅」とはどんな家なんでしょうか?

 

 

 

まず、少し驚いたのは、玄関は一つなのですenlightened

最近多い、玄関が2つあるケースとは違い、敢えてここは玄関が一つ。

玄関入って右手は一階の親世帯。

左手は階段に通じ、二階の子世帯。

玄関で左右に別れて、親と子がそれぞれの生活を満喫出来ます。

どうして玄関が一つなのか?

 

その答えは、家族モデルにありました。

夫婦共働きである子世帯の夫婦。

頻繁に子供を親に預かってもらう事があるようですwink

子供の夏休みや春休み、この玄関で、

「よろしくお願いしま~す」と一声かけて、出勤していける気軽さ。

玄関がわかれてはそうはいきませんよね。

モデルを細かく設定することで、玄関は一つになったようです。

(もちろん、玄関は別で!という方には、玄関は2つ作れます)

 

モデルルームを作るとき、設定をとても大事にして作られているこだわりを感じました。

お客様とのやりとりでも、細やかな配慮が期待できます。

 

 

 

 

一階の親世帯のLDK。22.6帖。

インテリアは親世代に合わせた、落ち着いたリッチな内装になっています。

週末や、残業で夕飯が作れなかった時に、子供が一緒に食べさせてもらうのにも、十分な広さですyes

どうやらここのお母さんは、随分とおじいちゃんおばあちゃんに甘えているようですね(笑)cheeky

 

(2)に続く・・・

 

 

 

 

オススメ記事

おうちのブログ一覧へ