一人暮らしでも家を買う必要ある?

イオンモール伊丹昆陽店大阪店奈良店南大阪店おうちのブログ

 一般的に住宅購入は結婚をしてから考え、独身時代は賃貸という考えの人も多いのでないでしょうか?

しかし、結婚をしないまま長い年月が経つと「高齢単身者」となります。

 総務省「平成30年住宅・土地統計調査」によれば、我が国の高齢者(65才以上)の世帯状況は、夫婦のみの高齢者世帯は持ち家が87.4%で賃貸住宅を借りて暮らす人の割合は12.5%ですが、高齢単身世帯になると、持ち家が66.2%となり、賃貸は33.5%となり、高齢単身世帯の3世帯に1世帯が賃貸住まいです。 

 住宅購入の機会を逃してしまうと、高齢になってから住宅購入をしようと思っても長年家賃を払い続けて十分な貯蓄が出来ていなかったり、住宅ローンを組める期間が短いためにローンが通りづらくなって、購入したくてもできないというようなことになってしまうかもしれません。

また、賃貸で暮らして高齢になってから、なんらかの理由で借り換えようとしても賃貸の場合、単身高齢者に家を貸すことを嫌がるオーナーさんも多く、住む家が決まりづらくなり、老後『住宅難民』になる可能性があります。

 年金不安もありますし、平均寿命が伸び、退職してからの長い老後を考えると、単身でも自分の家を持つことをオススメします。老後、施設に入ろうと思った時にも持ち家があれば家を売ってその資金で入居がスムーズにできます。

 「一人暮らしなら戸建てよりマンションの方がいいのでは?」という意見も多いでしょう。確かにマンションの方が管理は楽ですが、転勤、長期入院や施設への入居などで家を空けなければいけなくなった時、マンションは誰も住んでいなくても毎月管理費と修繕積立金、車を持っていたら駐車場代がかかってきます。戸建ての場合、管理費、駐車場代はかからないし、修繕は必要な時に自分のペースでできます。費用の面を考えても戸建ての方がおススメです。

 単身だと趣味の部屋を充実させたり、ゆったりと平屋にしたり、ペット中心の家にしたり、単身者にしかできない贅沢な空間の使い方が出来るのもいいですね。

単身の方も家を建てることをぜひご検討ください!

 

おうちの相談窓口では、お客さまそれぞれの様々なご要望に合わせてメーカーや工務店を厳選してご紹介させていただいております。

ご来店は、お問合せフォームまたはお電話でのご予約はもちろん、直接店舗へご来店いただいても大丈夫です!!

みなさまのご来店をお待ちしております。

 

 

ご来店・お問い合わせはコチラ

☎0120-968-336

おうちの相談窓口は皆様の理想のマイホーム実現を応援しています!

オススメ記事

おうちのブログ一覧へ