「家づくり基礎知識 」カテゴリーアーカイブ

マイホームを叶えた後も安心★

皆様こんにちは。皆様の安心で快適な家づくりをお手伝いする
「おうちの相談窓口」イオンモール伊丹昆陽店です。

伊丹、西宮、宝塚、尼崎の阪神間を中心に、主に注文住宅を検討されている方の家づくりをお手伝いしています。

全て無料で、家づくりの相談からライフプランニング、建築会社のご紹介までお手伝いさせていただいておりますので、どんなことでもお気軽にご相談ください。

 

◆当社のサービス内容についてはこちらをご覧ください。
http://www.jkc-group.jp/

◆お問い合わせ・ご相談の予約はこちらからお願いします。
http://www.jkc-group.jp/contact/entry.php

 

本日は安心して家を建ていただくために、おうちの相談窓口がご用意している「安心8パック」の中のひとつ、

 

「おうちまるっとサポート24」

 

をご紹介します^^!

 

おうちまるっと!の名前の通り、家を建てた後のお客様の生活をまるっと全てサポートするサービスです★

しかも!そのサポートは24時間365日★

 

サポートの内容は大きく分けて4つです!

 

1つ目は

「住宅トラブル緊急かけつけサービス」

24時間365日体制で、専門知識をもったスタッフが電話で受付。

■水のトラブル

■カギのトラブル

■ガラスのトラブル

■電気設備のトラブル

■ガス設備のトラブル

の5つのトラブルについて無料で応急処置サポートを行います!

 

カギを無くして、家に入れない><!お湯が出ない!!トイレの水が止まらない!!などなど、急な困りごとに24時間365日対応してくれるのは心強いですよね♪

 

 

2つ目は

「お手伝いサービス」

年に2回、無料でお客様のご自宅へお手伝いに伺うサービスです。

お手伝いできる項目の一例はこちら

■照明器具の管球交換サービス

■高所設置窓の掃除サービス

■家具の移動サービス

スタッフ1名が30分程度で行えるお手伝いになります。

高い位置に窓を作りたいけど・・掃除が不安。こんなお悩みが解決しますね!

 

 

3つ目は

「火災保険の損害査定 エキスパートダイアル」

マイホームの損害について、保険で賄えるものは保険で賄えるように住宅保険の専門家がサポートしてくれるサービスです。

★サポート期間の10年間は何回相談しても無料です★

「こんなとき、火災保険は使えるのかな??」と疑問に思った時。電話すると、火災保険補償の可能性があるのかないのか判断してくれます。

また、補償の対象と判断された場合は保険金請求までサポートしてもらえるのでさらに心強いです♪

 

 

4つ目は

「医療案内ダイヤル」

24時間365日、おからだの「もしも」のときに、医師・看護師が無料で医療相談にお応えするサービスです!

突然のケガ・病気の対処法や休日、深夜の病院・診療所の案内などなど・・「どうしよう!?」と思ったときに心強いサポートです。

また、「もしも」の時だけでなく、介護情報の提供や育児相談、メンタルヘルス相談など日常の健康相談にも利用できます。

小さなお子様がいるご家族や、高齢のお父様、お母様と同居される方には安心のサポートですね!

 

おうちの相談窓口では、マイホームを叶えるまでの安心はもちろんマイホームを建てた後の安心もご提供できればと思っております。

 

       

みなさまのご来店お待ちしております^^♪(担当:為広)

 

 

 

◆ホームページ
・おうちの相談窓口
http://www.ouchisoudan.jp/ 
・家づくりの相談窓口
http://www.jkc-group.jp/

 

◆お問い合わせ・ご相談の予約はこちらからお願いします。
http://www.jkc-group.jp/contact/entry.php

◆お問い合わせ電話番号
おうちの相談窓口 大阪店 )            0120-055-328
おうちの相談窓口 イオンモール伊丹昆陽店 )  0120-968-336

新築と中古物件リフォームどっちがお得?

皆様こんにちは。皆様の安心で快適な家づくりをお手伝いする
「おうちの相談窓口」イオンモール伊丹昆陽店です。

伊丹、西宮、宝塚、尼崎の阪神間を中心に、主に注文住宅を検討されている方の家づくりをお手伝いしています。

全て無料で、家づくりの相談からライフプランニング、建築会社のご紹介までお手伝いさせていただいておりますので、どんなことでもお気軽にご相談ください。

 

◆当社のサービス内容についてはこちらをご覧ください。
http://www.jkc-group.jp/

◆お問い合わせ・ご相談の予約はこちらからお願いします。
http://www.jkc-group.jp/contact/entry.php

 

 

先日、お客様の住宅相談をお受けしました。

お客様は、新築か、中古物件を購入してリフォームするか

迷っておられました。

 

新築がもちろんベストですが、予算上難しいという方もおられます。

 

では中古物件を購入してリフォームする方がお得なんでしょうか?

 

実際のところ、建物の状態によって予算は大きく変わります。

 

昭和56年以前に建物の確認申請を出された建物であれば、

旧耐震の建物となり、耐震の状況と劣化状況が良くない可能性が

高いです。

 

最低限の構造補強、屋根・壁、断熱材などを見積もると、2階建て

30坪で、300万~400万程度は必要になります。

 

そこに、間取りの変更、水廻りの交換など、フルリフォームになると、

1,500万程度はかかってしまいます。

 

そのため、かなり安く物件を手に入れることができれば、新築に

比べ予算を抑えることができるかもしれません。

 

しかし、その場合、建物の構造や性能など、物件の状態を

良く調べないと、後々修繕が必要になってかえってお金が

高くかかってしまうかもしれません。

中古物件を購入するというのも中々難しいのです。

 

当店では、そのあたりの考え方、見極め方も含め、

家づくりの考え方、進め方をお伝えしています。

 

まずは、新築にしようか、中古物件リフォームにしようか建売にしようか

迷っている方も一度ご相談にいらしてください。

 

 

住宅を販売をしてる立場ではないため、中立公正な立場で客観的に

お客様の家づくりについてアドバイスさせていただいております。

 

家づくりを検討されている方は、ぜひ「住宅相談」サービスをご活用いただき、安心・納得の理想の家づくりの実現を叶えてください。

 

当店スタッフ一同、お客様の理想の家づくりに、少しでもお役立ちできることを楽しみにお待ちしております。 (担当:久田)

 

 

◆ホームページ
・おうちの相談窓口
http://www.ouchisoudan.jp/ 
・家づくりの相談窓口
http://www.jkc-group.jp/

 

◆お問い合わせ・ご相談の予約はこちらからお願いします。
http://www.jkc-group.jp/contact/entry.php

◆お問い合わせ電話番号
おうちの相談窓口 大阪店 )            0120-055-328
おうちの相談窓口 イオンモール伊丹昆陽店 )  0120-968-336

お庭・エクステリア☆

皆様こんにちは。皆様の安心で快適な家づくりをお手伝いする 「おうちの相談窓口」イオンモール伊丹昆陽店です。

お店は、ABCハウジング、伊丹・昆陽の里住宅公園の前のイオンモール伊丹昆陽店の2階にあります。

 

伊丹、西宮、宝塚、尼崎、川西の阪神間を中心に、主に注文住宅を検討されている方の家づくりをお手伝いしています。

 

 

全て無料で、家づくりの相談からライフプランニング、建築会社のご紹介まで お手伝いさせていただいておりますので、どんなことでもお気軽にご相談ください。

 

 

◆当社のサービス内容についてはこちらをご覧ください。   http://www.jkc-group.jp/

 

◆お問い合わせ・ご相談の予約はこちらからお願いします。 http://www.jkc-group.jp/contact/entry.php

 

 

 

家を建てようと思っているとき、建てたときにイメージするのは

 

外観や中の間取りですよね。

 

特に外観やお庭、エクステリアはお家のイメージをガラッとかえる為、

 

皆さまがこだわられるポイントでもあります。

 

本日はそんなお庭エクステリアをご紹介いたします。

 

 

玄関横に少し緑があるだけで華やかになります。

 

たくさんの緑がお家を彩ります。

 

お茶やバーベキューができる、ウッドデッキもあるお庭もいいですね。

 

南国風のお庭もステキですね。

 

 

どんな外構やお庭も、少し緑があるだけで随分

 

雰囲気が変わりますよね。

 

そして、どんな植物を植えるか、どんな素材を使うかによっても

 

かなりイメージが変わります。

 

どんなお家にしたいか、検討される際には外構やお庭の写真などを

 

ご覧になられても、よりイメージしやすいと思います。

 

 

また、当店では外構やお庭を専門に工事している会社もご紹介

 

することができます。

 

ご興味のある方はぜひ一度おうちの相談窓口までご来店ください。

 

皆さまのお越しをお待ちいたしております。

 

(担当:大毛)

 

 

 

◆ホームページ
・おうちの相談窓口
http://www.ouchisoudan.jp/ 
・家づくりの相談窓口
http://www.jkc-group.jp/

 

◆お問い合わせ・ご相談の予約はこちらからお願いします。
http://www.jkc-group.jp/contact/entry.php

◆お問い合わせ電話番号
おうちの相談窓口 大阪店 )            0120-055-328
おうちの相談窓口 イオンモール伊丹昆陽店 )  0120-968-336

サンシェード

皆様こんにちは。皆様の安心で快適な家づくりをお手伝いする
「おうちの相談窓口」イオンモール伊丹昆陽店です。

伊丹、西宮、宝塚、尼崎の阪神間を中心に、主に注文住宅を検討されている方の家づくりをお手伝いしています。

全て無料で、家づくりの相談からライフプランニング、建築会社のご紹介までお手伝いさせていただいておりますので、どんなことでもお気軽にご相談ください。

◆当社のサービス内容についてはこちらをご覧ください。
http://www.jkc-group.jp/

◆お問い合わせ・ご相談の予約はこちらからお願いします。
http://www.jkc-group.jp/contact/entry.php
(伊丹店でのご相談をご希望方は「伊丹店希望」とご記入ください)

 

前回は軒下で涼を…なんて事を書きましたが、

軒や庇の代わりになるモノだってあるのです!

じゃ~ん!サンシェード!!

最近はおしゃれカフェで見るようなデザインのものが売ってますよね。

金具を壁面に直接取付けるタイプや窓のサッシ枠に金具を取付けるタイプなど、どれもDIYできそう。

使用しない時はコンパクトに収納でできる布タイプが便利そうですね。

 

でもでもやっぱり!和テイストだって外せません。

 

よ・し・ず!!

これだと取付け手間なし、立て掛けるだけ。

もちろんある程度の重さはあっても強風に煽られたりしないような工夫は必要ですけど。

 

遮熱ガラスやカーテンなど併用して少しでも暑い空気をお家に入れない工夫をしていきたいですね。

 

 

(担当:前川)

 

 

◆お問い合わせ・ご相談の予約はこちらからお願いします。
http://www.jkc-group.jp/contact/entry.php
(伊丹店でのご相談をご希望方は「伊丹店希望」とご記入ください)

◆お問い合わせ電話番号はこちらです。
おうちの相談窓口大阪店        :0120-055-328
おうちの相談窓口イオンモール伊丹陽店 :0120-968-336

土地選びについて

皆様こんにちは。皆様の安心で快適な家づくりをお手伝いする
「おうちの相談窓口」イオンモール伊丹昆陽店です。 
 

伊丹、西宮、宝塚、尼崎の阪神間を中心に、主に注文住宅を検討されている方の
家づくりをお手伝いしています。
 

 
全て無料で、家づくりの相談からライフプランニング、建築会社のご紹介まで
お手伝いさせていただいておりますので、どんなことでもお気軽にご相談ください。
  
 

◆当社のサービス内容についてはこちらをご覧ください。
 http://www.jkc-group.jp/

◆お問い合わせ・ご相談の予約はこちらからお願いします。
 http://www.jkc-group.jp/contact/entry.php
(伊丹店でのご相談をご希望方は「伊丹店希望」とご記入ください) 
 

 
 

さて、今日は「土地探し」についてお話致します。 

土地
 
 

注文住宅を検討されている方の約8割が土地探しから家づくりを始められます。

どこの地域にしようか定まっていない方もいれば、具体的に特定の場所限定で
探している方もいらっしゃいます。 
 

どこの地域か定まっていない方には、地域ごとの土地のお値段の目安をお伝えしたり、
お仕事の勤務地からの利便性、お子様の教育のための学校区などのご希望をお聴きし、
徐々に地域を絞っていきます。
 
 

また、どれぐらいの広さを希望されるか間取りをお聴きし、ある程度の広さを求められる
のであれば、駅から少し離れてもいいかなど、他の条件の妥協点を見つけていきます。
 
 

逆に、具体的に特定の地域限定で探されている方の場合、狭い範囲の中で探していても
中々見つからないので、地域を限定されている理由をお聴きした上で、少し範囲を広げ
ることをおススメしています。

よほどの事情がなく大きな違いがない場合は、範囲を広げて、実際に土地を見に行かれて
土地を決める方が多いです。 

  
 

  
土地というのはご縁であり、タイミングです。
良い土地に出会って、いいなぁ~、けどどうしようかなぁと迷っている間に、
他の方が購入してしまいます。
 
 

そのため、ある程度ここの地域で、これぐらいの値段であれば買おうと決断の
準備をしておく、もちろん建物のイメージも決めておくということが非常に
大切です。
 
 

また、家づくりの総予算をシュミレーションし、建物にかけられる資金、土地に
かけられる資金をある程度把握しておくことも大切です。

土地の値段は、地域によって大きく異なりますので、ご希望の地域の土地がどれ
ぐらいの値段なのかイメージを掴んでおくのです。 
 
 

 
当店では土地選びを含め、家づくり全般のお手伝いをさせていただきますので、
お気軽にご相談にいらしてください。

 
 

◆お問い合わせ・ご相談の予約はこちらからお願いします。
 http://www.jkc-group.jp/contact/entry.php
(伊丹店でのご相談をご希望方は「伊丹店希望」とご記入ください) 

建築会社の3つの種類について

皆様こんにちは。皆様の安心で快適な家づくりをお手伝いする
「おうちの相談窓口」イオンモール伊丹昆陽店です。 
 

伊丹、西宮、宝塚、尼崎の阪神間を中心に、新築、建て替え、リフォームを
検討されている方の住宅相談を行っております。
 
 

家づくりのご相談からライフプランニング、建築会社のご紹介まで全て無料で
お手伝いさせていただいておりますので、どんなことでもお気軽にご相談ください。

 
 

◆当社のサービス内容についてはこちらをご覧ください。
 http://www.jkc-group.jp/ 
 

◆お問い合わせ・ご相談の予約はこちらからお願いします。
 http://www.jkc-group.jp/contact/entry.php
(伊丹店でのご相談をご希望方は「伊丹店希望」とご記入ください)

 
 

さて、今日は「建築会社の選び方」についてお話します。

05%e3%82%ab%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%a0%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%a0%e5%86%99%e7%9c%9f
 
 

新しく家を建てよう!と思い、初めに住宅展示場などに行かれてメーカー
など色々な建築会社を見て、さてどこに建築を頼もうか?と悩まれるという
方が多いのが現状です。 
 

自分たちの夢が詰まった家。予算内で良いものを創って欲しい、けど
どこがいいのか判断基準がないという方のために、今日は建築会社の種類
についてお伝えします。
 

 
日本に複数ある建築会社は大きく3つのカテゴリーに分けられます。
ハウスメーカー、工務店、設計事務所の3つです。
 

では、それぞれの特徴についてご説明していきます。
 

 
まずは、ハウスメーカー。こちらはCMなどで宣伝広告を大々的に行っている
企業が多く、名前をご存知の方も多いかと思います。よく名前を知ってるし、
大手ブランドだからお願いしようという方もいらっしゃいます。
大手であるがゆえに会社が潰れない、保証がしっかりしているなど、お客様に
とって安心できる点があります。
 
 

また、最新の工法や設備を取り入れたり、モデルハウスが多く、実際に建物の
イメージを持てるというメリットがあります。
 
 

ただ、宣伝広告費や経費を多く掛けていたり、予め決められている建物の標準仕様
(標準的な仕様ということで、ハウスメーカーの場合、誰もが必要となるものについて
たいてい内容が決められています。具体的には窓や玄関ドアなどの建具から、
水まわりの設備機器などのグレードが決められています)が高く、一坪当たりの単価が高い、 
少々の変更にもオプション代がかかるなどのデメリットもあります。
 
 

建築コストは高いけど安心感もあるし、ブランド名もあるから信頼できるという方は、
ハウスメーカーを選ばれます。

 

二つ目は工務店です。
 

工務店とは、建物の設計から建築、監理までを行う会社で、地元に密着した会社が
多いのが特徴です。
 
 

工務店に施工を依頼すると良い点は、気軽に要望などを相談できること、地元での
施工事例を見ることができる、ハウスメーカーに比べて建築コストが低いことなどが
あります。

 

広告宣伝を行っていないところが多く、会社名はあまり知られていませんが、低コストでしっかりした建築を行う会社も多く、当店でも多くの工務店の登録があり、それぞれの特徴をご説明すると、施工先に工務店を選ばれるお客様も多いです。

 
 

デメリットとしては、工期が長かったり、最新の工法を取り入れていない会社があることです。
また、名前を知らない分、会社の存続を心配されるお客様も多いです。

  

実際9割の工務店が10年後に潰れているとも言われています。
 

そのような現状を踏まえて、当店が窓口でご紹介する工務店には、当店独自の
「7パック保証」というものを必ず付けていただいております。

 

 
その中で特に大切なのが「完成引渡しサポート」「第三者的有資格者による住宅監査」
の2つです。
 
 

「完成引渡しサポート」というのは、工事をする会社が倒産などで工事が続けられなくなった場合、
お客様が最小限の負担で完成できるようにサポートする制度です。
 
 

住宅支援機構の「住宅完成保証制度」というものがございますが、審査が厳しく、
全工務店の3割しか登録できていないのが現状で、当店では「完成引渡しサポート」でご紹介する工務店の保証を行っております。
 
 

「第三者的有資格者による住宅監査」とは、役所が行う最小限の検査とは別に、当社が建築基準法以上の厳しい施工基準を定め、第三者の有資格者(現場監督士)が現場を監査するというものです。手抜きや不良工事による欠陥住宅を未然に防ぐためのサポート業務です。

 
 

最後に3つ目は設計事務所です。
設計事務所は主に建物の設計、監理を行う会社で実際の建築は工務店が行う場合が多いです。
 
 

設計事務所の特色としては、要望のこだわりをカタチにしたオンリーワンの住まいが
できること、変形地、狭小地などにも対応してくれることが挙げられます。

 
 

デメリットとしては、工期が長いこと、設計・施工にもある程度自分の知識が必要ということです。
 

建物に強いこだわりをお持ちの方は設計事務所に依頼されることをお勧めします。

 

 
以上、本日は建築会社の種類についてお話しました。

本日はここまでです。
本日もご覧いただき有難うございます。

建物のイメージを創るために

皆様こんにちは。皆様の安心で快適な家づくりをお手伝いする

「おうちの相談窓口」イオンモール伊丹昆陽店です。

伊丹、西宮、宝塚、尼崎の阪神間を中心に、注文住宅を検討されている方の

家づくりをお手伝いしています。

 

全て無料で、家づくりの相談からライフプランニング、建築会社のご紹介まで

お手伝いさせていただいておりますので、どんなことでもお気軽にご相談ください。

 

さて、今日は「建物のイメージづくり」についてお話します。

IMG_0468 

みなさん家を建てよう!と思われてたら、まずどんな家にしようかなぁと考え

られると思いますが、どんな風にしてイメージを創っていくでしょうか?

 

 

おそらく、雑誌の写真などを見たり、住宅展示場に行ったりして、外観や内装の

イメージを創っていかれるのではないでしょうか?

 

もちろん、好きなデザインを具体的にしていくということは非常に大切です。

ただ、もっと大事なことがあります。

 

 

それは、「住み心地」です。

 

 

家づくりを考え始めたばかりの方はどうしても外観などのデザインに気持ちがいってしまい、住み心地はどうだろうとか、何のためにその仕様にするんだろう、という視点が

抜けている場合が往々にしてあります。

 

 

そこで当店では建物のイメージを具体的にしてもらうために、「お客様生活チェックシート」というものを初回相談時にお渡ししています。

 

このシートには大きく3つの項目があります。

 

 

一つ目は「現在の生活を見直してみよう」という項目です。

 

これは、起床時間や平日のすごし方などの生活パターンや、趣味・習いごと、家族団らん、食事スタイルなどの現在のライフスタイルを記入するものです。

 

 

現在の家族のライフスタイルを維持することは、新しい家においてとても大切なこと

で、家族独自のライフスタイルや理想のライフスタイルの実現が目的で、そのための

家づくりが手段であることを強く意識しておいてください。

 

 

2つ目は、「新しい住まいへの要望をまとめよう」という項目です。

 

ここでは、そのまま新しい家についての要望を自由に思いつくままに記入してもらいます。

 

まずは、建築予算、入居希望日などの家づくりの計画、つぎに外観・内観のイメージ、住まいで重視するポイントなど全体に関する要望を書きます。

 

住まいで重視するポイントは、外観、省エネ性能、耐久性、コストなどの項目から

優先順位を付けてもらいます。家づくりで全ての要望をカタチにすることは難しいので、

2つか3つ譲れない優先順位を決めて家づくりの方向性を決めていきます。

 

続いて部屋についての要望です。

キッチン、寝室などの広さ、設備・機器、収納スペース、子供部屋をどうするなど、

家族の生活、子供の成長に合わせて部屋のイメージを作っていきます。

 

そして、最後の3つ目は「現在の住まいの不満を整理しよう」という項目です。

これは、現在の住まいについての不満、例えば収納スペースがない、キッチンの使い勝手が悪い、リビングの日当たりが悪いなどです。

 

 

現在の住まいについての不満を書き出し、それを改善するために新しい家づくりを

することが大きな満足、理想のライフスタイルの実現につながります。

 

 

以上3つの項目を全て埋めると、建物についてのイメージが明確に出来上がっているという感じです。

 

 

「住み心地」という視点を忘れず建物のイメージを深めていってみてください。

そうすると理想のライフスタイルが実現します。

 

本日はここまでです。

本日もご覧いただき有難うございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

マイホーム取得法(109)

7.施工会社探しと契約

 

1)施工会社の探し方

 

設計事務所に家づくりを依頼した場合、施工会社はどのように選んで

いくか、大きくは下記の方法があります。

 

①設計事務所に紹介してもらう

 

一般的に多いのは、設計を依頼した設計事務所でお付き合いのある

工務店を紹介してもらうパターンです。建築士とのこれまでのやり取りが

あるため、信頼関係などができている場合、連携がスムーズに取れる

メリットがあります。また、建築士 同士の横のつながりもあるため、

関係者から紹介を得ることも可能です。稀ではありますが、建築士と

工務店が馴れ合いになってしまい、監理がずさんになる可能性が懸念

される場合があるので、そこは注意しなければいけない点です。

 

②地元の工務店を探す

 

地元で活躍している工務店に、建築士の設計した物件の施工をして

もらえるかを確認し、施工をお願いすることも一つです。地元で評判が

良い場合、お客様とのコミュニケーションや技術力の評価が信頼に

つながっていると思われます。ただ、技術面については工務店にも

得手不得手があり、ハウスメーカーのような規格住宅の施工を得意と

する所など様々です。建築士は細かい仕様やディテールを図面に記し、

施工側に求めますが、そのような建築士の図面を元に施工することは

どの工務店でもできるというわけではないので、過去の実績に建築士との

家づくりはどのくらいしているかを確認し、建築士との家づくりに対応

してくれるかを確認することが必要です。

 

2)契約と業務

 

工事請負契約

 

工務店との契約を工事請負契約といいます。請負契約時には、

「 工事請負契約書」「契約約款」「工事費内訳明細書」「仕様書・

仕上表」「設計図書」「工程表」などが書類として提出されます。

契約時の確認事項

契約の際に確認しておくべき事項があります。

 

・工期

着工日、竣工日、引渡日の具体的な日付の確認を行います。

一緒に工程表も添付します。

 

・支払い時期

着手金、中間金の支払いの時期と金額の確認を行います。

 

・請負金額

請負金額が添付書類や打合せ内容と相違はないかの確認を

行います。

 

・契約内容

設計図書やその他添付書類などの契約内容に食い違いがないか

等の確認を行います。

 

・契約約款

瑕疵担保責任や工事遅延の対処法、違約金、不可抗力の災害に

いする内容、トラブル時の対応についての記載があるかを確認します。

 

・アフターメンテナンス

法律で義務化された瑕疵担保責任の他に、引渡後の定期点検のどを

行うアフターメンテナンスの内容を確認します。

 

以上で

マイホーム取得法

終了です。

マイホーム取得法(108)

3)契約と流れ

 

設計監理契約

設計士との契約を設計監理契約といいます。

・「設計」プランニング、図面、役所に必要な書類の申請

・「監理」図面通り建っているか工事を監修する

建築士は大きく分けてこの2つの業務をおこないます。ハウスメーカーや

工務店で建てる場合は工事請負契約のひとつの契約ですが、建築士

場合は、設計監理契約を建築士と、工事請負契約を工務店と結びます

これにより、建築士(設計事務所)は、施工と別々の位置から監理を

行うため、施工の都合や会社の枠にとらわれることなく、施主の要望を

第一に優先して設計することができ、第三者の立場から監理を行う

ことができます。

 

設計の流れ

 

打合せ

設計監理契約

プランニング

設計監理契約

基本設計

実施設計

築確認申請

工事請負契約

 

4)設計士の業務

 

①設計

 

まずは、要望を聞き、銅線や使い勝手を考慮してお客様の 希望を満

たしながら、専門家の立場からより良い提案を入れて設計をし、それを

図面として書いていきます。

家に関するあらゆる設備の確認、国の定めた建築基準法を守っているかの

法的なチェックもしながら設計を進めます。

そして、家を建てるために必要な建築確認申請業務も建築士が行います。

 

②見積りのチェックと値段の交渉

 

設計した家の見積りが出てきたときに、その金額が妥当かどうか、見積りの

漏れがないかどうかなどのチェックをします。お客様が見積りを見ても、

その金額や書かれていることが一体いいのか悪いのか、判断することが

難しいものです。建築士は、専門家として、お客様の代わりに判断して

わかるように説明してくれます。また、建築士は施工会社に対して、お客様に

代わって金額の交渉をしてくれます。

同じような品質で価格を抑えられる材料はないか?など、専門知識を

持って、お客様に代わって交渉をしてくれます。単に金額だけを落とすの

ではどんな材料を使われるかわからないためとても不安なことですが、

こういった交渉は建築士がいるからこそできることです。

 

③監理

 

建築士は、工事期間中何度も現場に足を運び、図面どおりにきちんと

工事が進められているかを確認します。これを「監理」と呼びます。

自分できちんと工事されているかどうかを確認するのはこれもまた現実

的には難しいことです。ここでもまた、建築士がお客様に代わって監理し

家が図面どおり無事建つようにチェックしてくれます。

 

④説明

 

建築という専門分野のため、難しかったり知らなかったりということの

多い家づくり。自分の家なのによくわからない。大きな金額だからこそ、

わからないのは不安です。そんな不安を解消してくれるのが、建築士の

仕事でもあります。いわば、家づくりの時の通訳のようなイメージです。

専門的なこともお客様がわかるように説明してくれ、お客様も納得いくまで

尋ねたり、相談できるような存在です。

 

ではまた次回

マイホーム取得法(107)

6)設計士(設計事務所)探しと契約

 

ここでは、建築士(設計事務所)に設計を依頼する場合を元に、主な

流れや項目について説明をします。

 

①設計士の探し方

 

自分に合う設計士を探すには、

 

1.住宅関連の情報誌

 

住宅雑誌や建築士の情報の掲載されている出版物を見ると、その建築

家(設計事務所)の実例写真などが掲載されています。

 

2.インターネット

 

近年は、ホームページを持っている建築士(設計事務所)がほとんど

ですので、インターネットで検索すると多数の設計事務所がヒットすると

思われます。ホームページには、設計した実例の写真などが掲載

されていますので、デザインが好みかどうかを判断できます。また、文章や

デザインなどからその設計士の思いや雰囲気などが少なからず伝わって

くるので、内容をしっかり見てみましょう。その中から好みの建築士(設

計事務所)を見つけましょう。

 

3.知人などの紹介

 

知人などからの紹介も一つの方法です。実際の仕事を見て、そのうえ

で勧めてくれるのは、信頼されているということでもあります。ただ、

その知人と好みなどが似ていれば問題ない場合もありますが、自分に

とってどうなのか、ということをしっかる見つめる必要があります。

4.プロデュース会社

建築士を数多く登録し、家を立てたい人に建築士を紹介してくれたり、

設計コンペで選べる会社もあります。

 

②建築士(設計事務所)の選び方

 

気になった建築士とコンタクトを取って、実際に会って話をしてみることが

必要です。建築士には、一般的にやや敷居が高いイメージがあり、特別な家を設計する人なのではないか、一度声をかけると断りにくいのでは

ないか、合わなかったらどうしよう・・・などの心配をされていることが

ありますが、問合せや相談には気軽に応じてくれる設計事務所が

ほとんどなので、気になったところには問合せてみるましょう。

 

①デザインが好みか

 

モダンなデザイン、シンプルなデザイン、純和風、外国風など、お客様の

好みのデザインを設計に反映できる設計士かどうかは、重要です。

これまで建てている建物のなかに好みのデザインがあるようであれば、

そのデザインを反映してもらえるとかんがえられます。また、デザインの

好みが似ていると、完成も似ている傾向があるので、感覚を共有できる

可能性が高くなります。

 

②人として相性が合うかどうか

 

意外と見落としがちですが、とても重要なのが、「相性」です。建築士の

入る家づくりは、ひとつひとつ打合せをしながら進めていくため、家が

出来上がるまで1年ほど(平均的期間)かかります。その間、ずっと共に

時間を共有し、様々な話し合いを重ねていくため、コミュニケーションが

取りやすい建築士を選ぶことが大切です。建築士に会って話を実際に

してみて、話しやすいか、自分たちの思いを分かってくれるか、建築は

詳しく分からないこちらの意見にも耳を傾けてくれるか、思っていることを

伝えやすいかというようなことや、「人としてなんだか好感がもてる」と

いうようなフィーリングは非常に大切です。

 

③建てたい家の構造が得意かどうか

 

例えば木造が得意なのか、鉄骨造が得意なのか、・・・建築士にもそれぞれ

得意とする分野があります。ある程度要望が固まっているなら、それを

基準に選ぶことも必要です。

 

ではまた次回