伊丹市近隣に住んでいる家庭の高校受験

みなさまこんにちは。みなさまの安心・納得の家づくりをお手伝いする
「おうちの相談窓口」イオンモール伊丹昆陽です。

伊丹、西宮、宝塚、尼崎の阪神間を中心に、主に注文住宅をお考えの方の、家づくりのご相談をお受けしています。

家づくりの相談から資金計画、住宅ローンのご相談、建築会社のご紹介まで、全て無料でお手伝いさせていただいておりますので
どんなことでもお気軽にご相談ください。

 

今日は「伊丹市近隣に住んでいる人の高校受験」についてお話してみようと思います。

お家を建てるときに避けて通れないのがお金の話。

「おうちの相談窓口 伊丹昆陽店」に来てくださるお客様は若いご夫婦が多くライフプランを作成する時、お子様には「公立小学校、公立中学、できれば公立高校へすすんでほしい」という声が多いです。小学校、中学校は校区が決まっており、住んでいる場所で行く学校が決まります。

高校になると受験というものを突破しないと入れてもらえません。現在、伊丹市は兵庫第二学区になります。

尼崎市 西宮市 伊丹市 宝塚市 川西市 三田市 猪名川市 篠山市 丹波市

9市34校の中から行きたい学校を選べます。

3年前、今の高校3年生からこの学区になりました。それまではもっと狭い範囲で学区が決められてました。もっと前は住んでいる住所で受けれる公立高校が決まっていたので、このエリアは私立中学、高校受験率が非常に高かったので私立学校が多いです。新学区になってまだ数年ですが「進学実績が良い」「駅から歩けるなど立地が良い」「制服がなかったり校則がきびしくない」「単位制」「自転車通学が認められている」「携帯持ち込みOKもしくは黙認」「文化祭などが盛り上がる」「部活の実績が良い」といった学校が人気が高く倍率があがり偏差値も高くなっていってます。逆に「交通の便が悪い」「校則がきびしい」という学校の人気がさがってきています。

受験システムをとても簡単に説明していくと、ほとんどの子が受ける一般入試では、内申書という中学校三年生での成績と当日の試験結果が半々です。第一希望校と第二希望校を書くことができます。第一希望は「加算点20点」がもらえます。第二希望は加算点が無いので公立に行きたい場合は2~3ランク下の学校にしないとあぶないです。第一希望校が定員割れをしていても、中堅校は上位校の第二希望、下位校は中堅校の第二希望校となっていて、子供たちの言葉をかりると「上から降ってくる!!」ので油断はできません。公立高校に行けるギリギリラインの成績はなんとか欠点を免れているぐらいでしょうか、、?とはいえ、行きたい高校に合格できるよう少しでも良い成績をとってもらいたいものですね。

おうちの相談窓口 伊丹昆陽店では

お客様それぞれにあった施工会社のご紹介や、ローン・資金についてのご相談など、家づくりを一緒にお手伝いさせていただきます!

ぜひ後悔しない家づくりをしましょう!

皆様のお越しをお待ちいたしております。

(担当:水原)

◆ホームページ
・おうちの相談窓口
http://www.ouchisoudan.jp/ 
・家づくりの相談窓口
http://www.jkc-group.jp/

◆お問い合わせ・ご相談の予約はこちらからお願いします。
http://www.jkc-group.jp/contact/entry.php

◆お問い合わせ電話番号
おうちの相談窓口 大阪店 )            0120-055-328
おうちの相談窓口 イオンモール伊丹昆陽店 )  0120-968-336

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です