平成30年度 配偶者(特別)控除の仕組み について

配偶者(特別)控除の現状の仕組みと、平成30年から始まる改正内容について。

所得税においては、「配偶者控除」と「配偶者特別控除」という別々の所得控除があります。両者をまとめて説明する場合、「配偶者(特別)控除」と記載しています。

配偶者の合計所得が38万円を超えた場合には配偶者控除の対象から外れてしまいますが、「配偶者特別控除」という所得控除を別途受けられる可能性があります。配偶者特別控除は、以下の表のとおり配偶者の合計所得金額に応じて、控除額が徐々に減っていく仕組みとなっています。

国税庁ホームページより抜粋>

この表にあるとおり、配偶者の給与が増えるほどに、世帯として支払う所得税が増えていきます。

ここまでご紹介してきた配偶者控除と配偶者特別控除の金額は、平成29年分までに適用されるものです。次に、税制改正によって平成30年分以降、配偶者(特別)控除がどう変わるのか。

まずは配偶者控除について。

平成30年分以降は、納税者本人の合計所得金額が900万円(給与収入に換算すると1,120万円)を超えると徐々に配偶者控除が減額され、1,000万円(給与収入に換算すると1,220万円)を超えると、控除額はゼロとなります。

国税庁ホームページより抜粋>

配偶者特別控除についても次の表のとおり、配偶者控除と同様に、納税者本人の所得金額に応じて、控除額が下がっていきます。

このように、改正後の表を一見すると、控除額が下がる、つまり増税となったように見えるかもしれませんが、控除額38万円が適用される範囲が広がったのです。

配偶者の収入が増えれば夫婦合算でローン組み方も変わっていきますね。

◆当社のサービス内容についてはこちらをご覧ください。
http://www.jkc-group.jp/

◆お問い合わせ・ご相談の予約はこちらからお願いします。
http://www.jkc-group.jp/contact/entry.php

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です