おうちの相談窓口がなぜ必要?

みなさまこんにちは。みなさまの安心・納得の家づくりをお手伝いする
「おうちの相談窓口」イオンモール伊丹昆陽です。

伊丹、西宮、宝塚、尼崎の阪神間を中心に、主に注文住宅をお考えの方の、家づくりのご相談をお受けしています。

家づくりの相談から資金計画、住宅ローンのご相談、建築会社のご紹介まで、全て無料でお手伝いさせていただいておりますので
どんなことでもお気軽にご相談ください。

 

◆当社のサービス内容についてはこちらをご覧ください。
http://www.jkc-group.jp/

◆お問い合わせ・ご相談の予約はこちらからお願いします。
http://www.jkc-group.jp/contact/entry.php

 

おうちの相談窓口。保険の窓口のように、お客様の要望を聞いて、資金をシュミレーションして、商品(当社の場合、住宅会社)を紹介するサービス。

 

今このように、商品の選び方をサポートするサービスが増えています。

それはなぜなんでしょう?

それは、情報発信の量がインターネットの発達によって、ここ数年で膨大に膨れ上がり、消費者が得ることのできる情報が増え過ぎて、色々と比較することができるようになり、自分は何を選べばいいのか分からない、という人が多くなっているからです。

つまり、「選択のストレス」が存在するのです。

商品一つとっても、例えばスマートフォンケースでも膨大な種類の商品があります。

色々と選ぶことは楽しいけど、多すぎる中から選ぶのは大変です。

 

住宅会社も同じです。

展示場に行けば豪華絢爛な住宅が沢山あり、営業マンもそれぞれの商品の良いところばかりをPRする。

現実感も湧かないし、客観的に商品の良し悪しや、自分達にどこまでのものが必要なのかを判断することも難しい。

 

そこで、当店の様な客観的な立場で商品の選び方をアドバイスするコンシェルジュの様な存在が役に立つのです。

 

保険の相談窓口も、同じ様に複数の商品からお客様に合ったものの提案するというふれこみですが、一部の会社では、手数料の高い商品を販売したりと、客観性のないサービスを提供している所もある様です。

 

もちろん、紹介業は人が行うことなので、AIの様に完璧に相手に合ったものを紹介することはできませんし、担当者の主観がどうしても入ってしまいます。

 

 

大切なことは、「お客様のことをどれだけ考えているか?」

目の前の商品を販売して終わり。それでは本当に責任ある仕事とは言えません。

 

当店でも、お客様のご要望をじっくりお聴きし、適正な予算を見て、

幾つか住宅会社をご紹介させて頂いております。

 

お客様に最高の満足を頂ける様、質の高いコーディネートを

これからも心がけて参ります。

 

(担当:久田)

 

◆ホームページ
・おうちの相談窓口
http://www.ouchisoudan.jp/ 
・家づくりの相談窓口
http://www.jkc-group.jp/

 

◆お問い合わせ・ご相談の予約はこちらからお願いします。
http://www.jkc-group.jp/contact/entry.php

◆お問い合わせ電話番号
おうちの相談窓口 大阪店 )            0120-055-328
おうちの相談窓口 イオンモール伊丹昆陽店 )  0120-968-336

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です