住宅ローン、金利の選び方

みなさまこんにちは。みなさまの安心・納得の家づくりをお手伝いする
「おうちの相談窓口」イオンモール伊丹昆陽です。

伊丹、西宮、宝塚、尼崎の阪神間を中心に、主に注文住宅をお考えの方の、家づくりのご相談をお受けしています。

家づくりの相談から資金計画、住宅ローンのご相談、建築会社のご紹介まで、全て無料でお手伝いさせていただいておりますので
どんなことでもお気軽にご相談ください。

 

◆当社のサービス内容についてはこちらをご覧ください。
http://www.jkc-group.jp/

◆お問い合わせ・ご相談の予約はこちらからお願いします。
http://www.jkc-group.jp/contact/entry.php

 

さて、前回は、固定金利と変動金利の特徴についてお話しました。

 

では、どうやって固定か変動か選べばいいのでしょうか?

今日は、その選び方のポイントについてお話します。

 

それぞれの特徴は次の通りです。

 

固定金利は、

・金利が変動しないので、住宅ローンの契約期間中、ローン返済金額が一定で、返済計画がたてやすい

・貸し手が金利変動リスクをとる(将来金利が上昇した場合、金融機関は変動金利で貸し出ししたほうが得になる)

 

変動金利は、

・固定金利に比べて金利が低い

・金利が変動するリスクがある(5年毎に、最大125%まで)

・借り手が金利変動リスクをとる

 

固定と変動。

どう考えてどちらを選べばいいのか?

 

一般的な考え方は、

毎月の返済額を抑えたいのであれば変動(現在は固定とそれほど差がありませんが)

金利が上昇するのが不安、あるいは家計が苦しくなるのであれば固定

 

です。

 

ある程度預貯金がある、あるいは今後まとまったお金が入ってくる予定がある方は、変動金利で借りて毎月の返済額を抑えつつ、例えば住宅ローン控除が終わる10年後に繰り上げ返済して、元本を減らして金利上昇リスクを減らす、という考え方も一つです。

 

また、これから何年かはお子さんの教育費などで、毎月の支出が高く、ローンの返済を抑えたいのであれば、変動を選ぶのが良いかと思います。

 

あくまで一般的な考え方で、それぞれのご家計の状況、ご夫婦の考え方によって選び方は異なりますので、ご参考までに。(担当:久田)

 

◆ホームページ
・おうちの相談窓口
http://www.ouchisoudan.jp/ 
・家づくりの相談窓口
http://www.jkc-group.jp/

 

◆お問い合わせ・ご相談の予約はこちらからお願いします。
http://www.jkc-group.jp/contact/entry.php

◆お問い合わせ電話番号
おうちの相談窓口 大阪店 )            0120-055-328
おうちの相談窓口 イオンモール伊丹昆陽店 )  0120-968-336

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です