排気と吸気

皆様こんにちは。皆様の安心で快適な家づくりをお手伝いする
「おうちの相談窓口」イオンモール伊丹昆陽店です。

 
伊丹、西宮、宝塚、尼崎の阪神間を中心に、主に注文住宅を検討されている方の
家づくりをお手伝いしています。

 

 

全て無料で、家づくりの相談からライフプランニング、建築会社のご紹介まで
お手伝いさせていただいておりますので、どんなことでもお気軽にご相談ください。

 

 

◆当社のサービス内容についてはこちらをご覧ください。
http://www.jkc-group.jp/

◆お問い合わせ・ご相談の予約はこちらからお願いします。
http://www.jkc-group.jp/contact/entry.php
(伊丹店でのご相談をご希望方は「伊丹店希望」とご記入ください)
 

 

前回ちょこっとだけ24時間換気についてふれたので、その関連事項を…。

 

夏になるとエアコンをつけずにはいられない毎日ですよね。

 

昨今ではずっとつけっぱなしのほうが電気代もお安いというデータがあったりで、なおのことフル稼動!

 

ところがいつの間にかエアコンからポンポン、ポコポコ鳴って故障したの?とか眠れない!って事ありませんか?

 

これは高気密のお家やマンションでよくおこる事で、

 

エアコンのドレンホースから空気が逆流しているだけだそうです。

 

換気扇を回すと建物の中の空気が排出され、排出された空気の分だけ部屋の外から空気が入ってきます。

 

窓が開いていれば窓から入ってきますが、窓が閉まっていたら吸気口から空気が入ってくるようになっています。

 

高気密な住宅では隙間から空気が入ってくることがほとんどないため、

 

ドレンホースが吸気口の代わりになって空気が逆流するときにエアコンのポコポコ音は起こるのです。

 

では、この音を何とかするには?

 

①台所やトイレの一時的な換気扇を止めてみる

(24時間換気は止めることをオススメしません)

 

②エアカットバルブを取り付ける

 

③窓を少し開ける(吸気口を開ける)

 

などなど。

 

ドレーンホースを掃除したり、案外③で解決したり…。

 

 

排気と吸気の関係ってちょっとややこしいですね。

 

こういったハイテクと言いますか、機能重視のお家と言いますか、

高気密・高断熱の高性能住宅お家など、もちろん快適なのでしょうけど時々考えてしまうのです。

 

もうちょっと自然とあるがままのスタイルっていうのがあってもいいんじゃないかなぁと。

 

ただ単に自分が高機能についていけないってだけなんですけども…。

 

何事も身の丈に合った生活をしないといけないなぁと思うことがありますねぇ。。。

 

 

images-2

毛皮族がお家にいると夏はエアコン必須です!

 

 

(担当:前川)

 

 

 

◆お問い合わせ・ご相談の予約はこちらからお願いします。
http://www.jkc-group.jp/contact/entry.php

 



◆お問い合わせ電話番号
おうちの相談窓口 大阪店 )         0120-055-328
おうちの相談窓口 イオンモール伊丹昆陽店 ) 0120-968-336

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です