キッチンのショールームへ行ってきました!

皆様こんにちは。皆様の安心で快適な家づくりをお手伝いする
「おうちの相談窓口」イオンモール伊丹昆陽店です。 
 

伊丹、西宮、宝塚、尼崎の阪神間を中心に、主に注文住宅を検討されている方の
家づくりをお手伝いしています。
 

 
全て無料で、家づくりの相談からライフプランニング、建築会社のご紹介まで
お手伝いさせていただいておりますので、どんなことでもお気軽にご相談ください。
  
 

◆当社のサービス内容についてはこちらをご覧ください。
 http://www.jkc-group.jp/

◆お問い合わせ・ご相談の予約はこちらからお願いします。
 http://www.jkc-group.jp/contact/entry.php
(伊丹店でのご相談をご希望方は「伊丹店希望」とご記入ください) 
 

さて、今日はキッチンショールームへ見学に行ってきましたのでそのお話です。

image1 (1)

 

最新のキッチンは機能はもちろん、デザイン性が高く、
もうキッチンはインテリアの一部として個性が出せる場所だなと感動しました!!!
 
 
  

またスタッフで話していて、家族構成や料理をする頻度、
料理好きかどうかで求めるキッチンに人それぞれ大きな違いがあることを改めて実感しました。 

  

 

たとえば、パナソニックの熱くなる場所が指定でき、大鍋も調理できるIHコンロ・・・・
料理初心者・二人暮らしのスタッフはそんなに惹かれていませんでしたが、、
  

 
 
  
 

料理が好き、また食べ盛りの子どもがいるスタッフは大感動していました!!!!!!
 

 
 
 
 
 
 

 

他にも魚をおろしやすいようになったシンクでも意見が分かれたり・・・
対面なのか壁に向かって調理をするのかでも意見が分かれました。

 
 

最近は対面を選ばれる方が多いですね。 

対面でも
1 キッチンの天板がフラットなタイプ
2 手元は隠れるタイプ
と大きく分けて2種類あります。
 

  

 

●1のタイプはリビング側からも調理ができたり、
シンクが使えることが大きなメリットではないかと思います。 
 

 
トクラスからは3方向から使えるシンクも出ていましたよ! 
これだと自然に子どもたちが食器洗いのお手伝いもしてくれそうです◎ 

 
ただ1のデメリットは手元がリビングから見えてしまうこと・・・
キッチンはどうしても生活観が出やすい場所ですから、きれいに保つのはなかなか大変かも・・・ 
 

  
 
 
 
 

●2のタイプのメリットはリビングとの一体感はありながらも手元は隠れる安心感があることでしょうか。 
 

 
また目隠しに作った壁の部分を水切りができるスペースとして使ったり、
リビング側から使える食器棚にしたりと活用方法も様々です。 

  

デメリットはお部屋全体の開放感が欠ける点でしょうか。 

 
 
  
 

 
 

キッチンはお風呂やトイレなど他の水周りに比べて、
自分の求めるスタイルを明確にしておく必要がありますね!
 
 
 
自分自身のライフスタイルを理解し、たくさんの機能の中から取捨選択していくことで 
自分らしい・自分たち家族にぴったりなキッチンが手に入ると思います。 
 

 
  

 
まずは自分の求めるポイントを2つくらいに絞るといいかと思います♪
  

  

おうちの相談窓口では新築のご相談のほかにリフォームのご相談も受け付けております。
ぜひお気軽にご相談へ。
キッズスペースもご用意していますのでお子様連れでも安心です。 

◆お問い合わせ・ご相談の予約はこちらからお願いします。
 http://www.jkc-group.jp/contact/entry.php
(伊丹店でのご相談をご希望方は「伊丹店希望」とご記入ください)