住宅ローンの借入形態について

皆様こんにちは。皆様の安心で快適な家づくりをお手伝いする
「おうちの相談窓口」イオンモール伊丹昆陽店です。 
 

伊丹、西宮、宝塚、尼崎の阪神間を中心に、主に注文住宅を検討されている方の
家づくりをお手伝いしています。
 

 
全て無料で、家づくりの相談からライフプランニング、建築会社のご紹介まで
お手伝いさせていただいておりますので、どんなことでもお気軽にご相談ください。
  
 

◆当社のサービス内容についてはこちらをご覧ください。
 http://www.jkc-group.jp/

◆お問い合わせ・ご相談の予約はこちらからお願いします。
 http://www.jkc-group.jp/contact/entry.php
(伊丹店でのご相談をご希望方は「伊丹店希望」とご記入ください) 
 

 
 

さて、今日は「住宅ローンの借入形態」についてお話致します。 
 
住宅相談 資金 老後 子育て 

 
 
 
 
住宅ローンの借入形態には単独名義以外に次の3つの形態があります。 
 
 

 

1.ペアローン
2.連帯債務
3.連帯保証

 
 

  

それぞれについて簡単に説明します。
まず「ペアローン」。これは年収に応じてご夫婦1本ずつローンを組むというものです。
それぞれがローン持分の債務を負います。
 
 
 

 

例えば、3,000万のローンをご主人2,000万、奥様1,000万で組んだ場合、
団体信用生命保険はご夫婦それぞれに適用できますので、ご主人が亡くなった場合、
奥様は1,000万のローン支払い義務が残り、奥様がなくなった場合、ご主人に2,000万
のローン支払いが残ります。
 
 

概ねこの形態を活用するのは、年収が近いご夫婦です。支払能力が同等のため、
半々で契約する形をとる方が多いです。
 

 
 

注意点としては、ローンが2本になるので、事務手数料も2倍になります。
また、住宅ローン控除がご夫婦それぞれに適用できますので、節税効果があります。

 
 
 
 

次に、「連帯債務」。これは、ご夫婦の収入合算で1本のローンを組むというもので、
どちらかが、主債務者になり、ご夫婦それぞれが債務者となります。

 
 
 
 

例えば、3,000万のローンを夫婦の収入合算で組み、ご主人が亡くなった場合、
ローン残高は0になりますが、奥様がなくなった場合、ローン残高は3,000万残ります。
一般の銀行の場合、団体信用生命保険がご主人にのみ適用されるからです。
 
 

  

なおフラット35の場合、「デュエット」という商品を契約するとご夫婦それぞれに
団信が適用されます。(特約料は1.56倍です)
 

 
 
住宅ローン控除はご夫婦それぞれに適用されます。
 

 
 
概ねこの形態を活用するのは、年収に大きな差があるご夫婦です。
前記の通り、ご主人にのみ団信が適用されるためです。

 
 

 

最後に「連帯保証」。ご夫婦の収入合算で1本のローンを組むという点で、連帯債務
と同じですが、例えば、ご主人が主債務者の場合、奥様は、連帯保証人となります。
万が一の場合のローン返済は、連帯債務と同様です。
 

 
団体信用生命保険、住宅ローン控除はご主人にのみ適用されます。

 

 
 

以上が、単独名義以外の住宅ローンの借入形態になります。

 

 
 
連帯型住宅ローンを選択する人は、ローンが残りますので、医療保険や生命保険、
収入保障保険等を活用し、リスクに備えておく必要があります。

 
 

 
なお、最近は、ご夫婦どちらかがお亡くなりになった場合でも住宅ローンが0になる
「連生団体信用生命保健付き」の住宅ローンの取り扱いもある様です。

 

 
 

住宅ローンの借入形態は、ご収入の状況に合わせてご夫婦でよく検討されて
決められるのが良いのではと思います。

 
 

  

 
当店では住宅ローンや資金シュミレーションを含め、家づくり全般のお手伝いを
させていただきますので、お気軽にご相談にいらしてください。

 
 

◆お問い合わせ・ご相談の予約はこちらからお願いします。
 http://www.jkc-group.jp/contact/entry.php
(伊丹店でのご相談をご希望方は「伊丹店希望」とご記入ください) 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です