建築会社の3つの種類について

皆様こんにちは。皆様の安心で快適な家づくりをお手伝いする
「おうちの相談窓口」イオンモール伊丹昆陽店です。 
 

伊丹、西宮、宝塚、尼崎の阪神間を中心に、新築、建て替え、リフォームを
検討されている方の住宅相談を行っております。
 
 

家づくりのご相談からライフプランニング、建築会社のご紹介まで全て無料で
お手伝いさせていただいておりますので、どんなことでもお気軽にご相談ください。

 
 

◆当社のサービス内容についてはこちらをご覧ください。
 http://www.jkc-group.jp/ 
 

◆お問い合わせ・ご相談の予約はこちらからお願いします。
 http://www.jkc-group.jp/contact/entry.php
(伊丹店でのご相談をご希望方は「伊丹店希望」とご記入ください)

 
 

さて、今日は「建築会社の選び方」についてお話します。

05%e3%82%ab%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%a0%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%a0%e5%86%99%e7%9c%9f
 
 

新しく家を建てよう!と思い、初めに住宅展示場などに行かれてメーカー
など色々な建築会社を見て、さてどこに建築を頼もうか?と悩まれるという
方が多いのが現状です。 
 

自分たちの夢が詰まった家。予算内で良いものを創って欲しい、けど
どこがいいのか判断基準がないという方のために、今日は建築会社の種類
についてお伝えします。
 

 
日本に複数ある建築会社は大きく3つのカテゴリーに分けられます。
ハウスメーカー、工務店、設計事務所の3つです。
 

では、それぞれの特徴についてご説明していきます。
 

 
まずは、ハウスメーカー。こちらはCMなどで宣伝広告を大々的に行っている
企業が多く、名前をご存知の方も多いかと思います。よく名前を知ってるし、
大手ブランドだからお願いしようという方もいらっしゃいます。
大手であるがゆえに会社が潰れない、保証がしっかりしているなど、お客様に
とって安心できる点があります。
 
 

また、最新の工法や設備を取り入れたり、モデルハウスが多く、実際に建物の
イメージを持てるというメリットがあります。
 
 

ただ、宣伝広告費や経費を多く掛けていたり、予め決められている建物の標準仕様
(標準的な仕様ということで、ハウスメーカーの場合、誰もが必要となるものについて
たいてい内容が決められています。具体的には窓や玄関ドアなどの建具から、
水まわりの設備機器などのグレードが決められています)が高く、一坪当たりの単価が高い、 
少々の変更にもオプション代がかかるなどのデメリットもあります。
 
 

建築コストは高いけど安心感もあるし、ブランド名もあるから信頼できるという方は、
ハウスメーカーを選ばれます。

 

二つ目は工務店です。
 

工務店とは、建物の設計から建築、監理までを行う会社で、地元に密着した会社が
多いのが特徴です。
 
 

工務店に施工を依頼すると良い点は、気軽に要望などを相談できること、地元での
施工事例を見ることができる、ハウスメーカーに比べて建築コストが低いことなどが
あります。

 

広告宣伝を行っていないところが多く、会社名はあまり知られていませんが、低コストでしっかりした建築を行う会社も多く、当店でも多くの工務店の登録があり、それぞれの特徴をご説明すると、施工先に工務店を選ばれるお客様も多いです。

 
 

デメリットとしては、工期が長かったり、最新の工法を取り入れていない会社があることです。
また、名前を知らない分、会社の存続を心配されるお客様も多いです。

  

実際9割の工務店が10年後に潰れているとも言われています。
 

そのような現状を踏まえて、当店が窓口でご紹介する工務店には、当店独自の
「7パック保証」というものを必ず付けていただいております。

 

 
その中で特に大切なのが「完成引渡しサポート」「第三者的有資格者による住宅監査」
の2つです。
 
 

「完成引渡しサポート」というのは、工事をする会社が倒産などで工事が続けられなくなった場合、
お客様が最小限の負担で完成できるようにサポートする制度です。
 
 

住宅支援機構の「住宅完成保証制度」というものがございますが、審査が厳しく、
全工務店の3割しか登録できていないのが現状で、当店では「完成引渡しサポート」でご紹介する工務店の保証を行っております。
 
 

「第三者的有資格者による住宅監査」とは、役所が行う最小限の検査とは別に、当社が建築基準法以上の厳しい施工基準を定め、第三者の有資格者(現場監督士)が現場を監査するというものです。手抜きや不良工事による欠陥住宅を未然に防ぐためのサポート業務です。

 
 

最後に3つ目は設計事務所です。
設計事務所は主に建物の設計、監理を行う会社で実際の建築は工務店が行う場合が多いです。
 
 

設計事務所の特色としては、要望のこだわりをカタチにしたオンリーワンの住まいが
できること、変形地、狭小地などにも対応してくれることが挙げられます。

 
 

デメリットとしては、工期が長いこと、設計・施工にもある程度自分の知識が必要ということです。
 

建物に強いこだわりをお持ちの方は設計事務所に依頼されることをお勧めします。

 

 
以上、本日は建築会社の種類についてお話しました。

本日はここまでです。
本日もご覧いただき有難うございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です