建物のイメージを創るために

皆様こんにちは。皆様の安心で快適な家づくりをお手伝いする

「おうちの相談窓口」イオンモール伊丹昆陽店です。

伊丹、西宮、宝塚、尼崎の阪神間を中心に、注文住宅を検討されている方の

家づくりをお手伝いしています。

 

全て無料で、家づくりの相談からライフプランニング、建築会社のご紹介まで

お手伝いさせていただいておりますので、どんなことでもお気軽にご相談ください。

 

さて、今日は「建物のイメージづくり」についてお話します。

IMG_0468 

みなさん家を建てよう!と思われてたら、まずどんな家にしようかなぁと考え

られると思いますが、どんな風にしてイメージを創っていくでしょうか?

 

 

おそらく、雑誌の写真などを見たり、住宅展示場に行ったりして、外観や内装の

イメージを創っていかれるのではないでしょうか?

 

もちろん、好きなデザインを具体的にしていくということは非常に大切です。

ただ、もっと大事なことがあります。

 

 

それは、「住み心地」です。

 

 

家づくりを考え始めたばかりの方はどうしても外観などのデザインに気持ちがいってしまい、住み心地はどうだろうとか、何のためにその仕様にするんだろう、という視点が

抜けている場合が往々にしてあります。

 

 

そこで当店では建物のイメージを具体的にしてもらうために、「お客様生活チェックシート」というものを初回相談時にお渡ししています。

 

このシートには大きく3つの項目があります。

 

 

一つ目は「現在の生活を見直してみよう」という項目です。

 

これは、起床時間や平日のすごし方などの生活パターンや、趣味・習いごと、家族団らん、食事スタイルなどの現在のライフスタイルを記入するものです。

 

 

現在の家族のライフスタイルを維持することは、新しい家においてとても大切なこと

で、家族独自のライフスタイルや理想のライフスタイルの実現が目的で、そのための

家づくりが手段であることを強く意識しておいてください。

 

 

2つ目は、「新しい住まいへの要望をまとめよう」という項目です。

 

ここでは、そのまま新しい家についての要望を自由に思いつくままに記入してもらいます。

 

まずは、建築予算、入居希望日などの家づくりの計画、つぎに外観・内観のイメージ、住まいで重視するポイントなど全体に関する要望を書きます。

 

住まいで重視するポイントは、外観、省エネ性能、耐久性、コストなどの項目から

優先順位を付けてもらいます。家づくりで全ての要望をカタチにすることは難しいので、

2つか3つ譲れない優先順位を決めて家づくりの方向性を決めていきます。

 

続いて部屋についての要望です。

キッチン、寝室などの広さ、設備・機器、収納スペース、子供部屋をどうするなど、

家族の生活、子供の成長に合わせて部屋のイメージを作っていきます。

 

そして、最後の3つ目は「現在の住まいの不満を整理しよう」という項目です。

これは、現在の住まいについての不満、例えば収納スペースがない、キッチンの使い勝手が悪い、リビングの日当たりが悪いなどです。

 

 

現在の住まいについての不満を書き出し、それを改善するために新しい家づくりを

することが大きな満足、理想のライフスタイルの実現につながります。

 

 

以上3つの項目を全て埋めると、建物についてのイメージが明確に出来上がっているという感じです。

 

 

「住み心地」という視点を忘れず建物のイメージを深めていってみてください。

そうすると理想のライフスタイルが実現します。

 

本日はここまでです。

本日もご覧いただき有難うございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です