理想の家づくり~その2~

皆様おはようございます。皆様の安心で快適な家づくりをお手伝いする

「おうちの相談窓口」イオンモール伊丹昆陽店です。

 

昨日は、ご希望エリアの複数の土地情報を見ながら土地を絞られたお客様や、ハウスメーカーに高い返済の借入れ予算を提示され不安になり、ゼロから家づくりを検討されたいお客様など、様々なご相談がありました。

 

 

土地が中々決められなかったり、家計の適正な予算が分からないまま物件価格を進められたりということはよくあります。

特に無理な資金計画で家を建ててしまうと、その後の生活が苦しくなって元も子もありません。

そのため必ずライフプランニングを受けてください。

 

 

さて今日は、前回に引き続き「理想の家づくり」についてお話します。

理想の家づくりを始めるにあたって、自分たちが望む日々の暮らしや心地よさが何なのか?

を家族やパートナーと考えることが大切です。

 

 

具体的には、4つのポイントを考えます。

 

 

1.生活設計を考える

 

生活設計とは「人生の設計図」のことです。人生をどのように過ごしたいかをまずは考えます。お子さんは何人ぐらいほしいのか、大学に通わせたいのか、家族で旅行はいきたいか、など。これらを考えることにより、家づくりにかける予算を認識でき、生活が苦しくならないように備えることができます。

 

2.生き方、・暮らし方について考える

 

これは、家族の暮らし方など日常の生活にとってどのような家が望ましいかを考えることです。例えば、家族と対話しながら料理をしたいのであれば対面キッチンを選択します。まさに自分たちが望むライフスタイルを形にするための土台となる考えです。

 

3.好きなイメージを集める

 

みなさんが行っているように、展示場に行って実物をみたり、インターネットや住宅雑誌で好みのインテリアや部屋の雰囲気の写真を集めたりと、自分たちの理想のイメージを表現しているものを揃えていきイメージを具体化していきます。

この作業のポイントは、心がワクワクするものを感覚的に集めるということです。そして、なぜそのデザインや雰囲気が好きなのかを写真の横に付箋などで書いておくと、家づくりに対する家族の価値観が明確になっていき、より高い満足の住まいの実現につながります。

 

4.現状の家の不満を見直しておく

 

現在住んでいる家の不満を洗い出しておくことで、新しい家でその不満点をどう解決すれば良いかを考えることができ、生活スタイルから考えた家に対する要望となります。

 

 

 

以上の4つのポイントをご家族でじっくり話し合い、理想の家づくりをスタートしてみてください。

 

 

 

家づくりは家族の生活や人生を考える機会でもあり、家は人生そのものであり、家族の生き方を明確にすることが最も大切になります。

 

 

 

次回は、理想の家づくりをお手伝いする当店が、なぜOPENに至ったのか、についてお話します。

本日もご覧いただきありがとうございました。

 

05%e3%82%ab%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%a0%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%a0%e5%86%99%e7%9c%9f

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です