マイホーム取得法(100)

予算と現状が合わない時

 

予算の見直しや、今の生活を見直すことで実現する場合はそのあたりの

金額を変更しながらより現実的なプランとして確認します。

 

例えば

①融資金額ですが、ローンを借りる場合、通常「団体信用生命保険」

の加入が必要です。その融資金額分、その期間分の保険を入っているのと

同じことになりますので、生命保険を多くかけている場合、期間内はその保証金額分少なくすることも可能です。

 

②住宅ローンの額を決める際、一般には友達や同僚が過去に3000

万円住宅ローンを組んだので、わたしたちも3000万円かな?というふうに

決めている人が多々見受けられます。しかし、それぞれの家族によって

ライフスタイルが違うので、それぞれにライフプライニングをすることにより、

実は3500万円でも余裕のある生活が成り立つ場合があるなど、家づくりの

予算も安心してアップすることが可能になります。

 

ライフプランシュミレーションは住宅を建てる建てないには関係なく

受けて、収入や支出、家族構成が変化したときなどに受けなおすなど

することを、お勧めします。

 

ではまた次回

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です