マイホーム取得法(53)

7)見積書の取り方とチェック

 

設計図書が完成したら施工会社に見積りを依頼します。

見積書の役割は単に総額を把握するだけではなく、費用の内訳を

明確にするとともに、お選びいただいた材料のグレードや工事の

範囲、さらにはメンテナンス・アフターサービス費用も同時に考える

必要があります。また、設計図書と同様に新しい住宅への希望が

文字と数字で表れてきますので、設計図書と見比べて漏れがないか

十分確認する必要があります。

ただし、見積りを依頼する会社または住宅の建て方によって、それぞれ

表記方法に特徴があります。

 

ではまた次回

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です