マイホーム取得法(27)

2)用途地域

地域利用のあり方を決める基本的なもの、

「市街化区域」は原則として12の地域に分かれています。

建物の用途、建ぺい率、容積率、高さなどが制限され、

建築基準法による建築確認申請により担保されなければならない。

 

第1種低層住居専用地域、第2種低層住居専用地域、

第1種中高層住居専用地域、第2種中高層住居専用地域、

第1種住居地域、第2種住居地域、

準住居地域、近隣商業地域、商業地域

準工業地域、工業地域、工業専用地域

 

①建ぺい率

建築面積「建坪(たてつぼ)」

建物を真上から見たときの水平投影面積。

1mを超えて地盤面より上に出ている地階は建築面積に含まれます。

 

②容積率

延べ床面積。

各階の床面積の合計。

 

それではまた次回

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です