民間住宅ローン利用者の実態調査

住宅金融支援機構は、2014年7月から10月までに民間住宅ローンの借り入れをした人を対象に、インターネットによるアンケート調査を実施し、858件を取りまとめた調査結果を発表した。

金利タイプでは、前回調査と比べて「全期間固定型」の利用割合は、26.7%と減少し、「変動型」の利用割合は、43.9%と増加した。今後の住宅ローンの見通しでは、「ほとんど変わらない」が前回の50.8%から57.2%へと増加した。

利用した金融機関の決めては、「金利が低いこと」が68.8%と圧倒的に多かった。

 

 

f7e2356aa84df92064fb94ebe0c269f4

住宅金融支援機構より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です