◆マル秘◆⑪失敗しないマイホームづくり

⑪賃貸住宅と戸建住宅はどっちが得?

(駅地下のマンション?庭付きの戸建て?ライフスタイルから見つけるコツ!)

 

賃貸住宅(賃貸マンションン)と戸建住宅(一戸建て)の違いは、簡単に話すと賃貸は一生家賃を払い続ける。戸建ては自分のものになる。

 

家賃を30歳から70歳の40年間で月々12万円払い続けると、5760万円となります。

戸建ては、4000万円をフラット35で35年借りると月々12万円となります。諸経費等支払っても総額5,034万円となります。

固定金利が1.370%なのですごく低金利。今が借り時期ではあります。

 

住んでいると、戸建は改装やリフォームを行うが、マンションは管理費が掛かります、分譲マンションなれにプラスし全体修繕費も係ります。

 

賃貸マンションの最大のメリットは希望の地域を選びやすく、便利な場所が借りやすい。

転勤や地域の移動がしやすいのもメリットですね。

一方戸建ては、お庭があり家族のライフスタイルに合わせた家づくりが出来ます。いざとなれば戸建ては自分のものなので売りやすいのも特徴です。

 

それぞのメリットデメリットがありますが、低金利のこの時代は固定金利で借り入れ、分譲マンションや戸建て住宅を購入するのが賢明かも。

 

 

 

 

家づくりの相談窓口

osaka@jkc-group.jpまで

http://www.jkc-group.jp

 

 

 

◆マル秘◆失敗しないマイホームづくりシリーズ一覧

①~⑫までの一覧が掲載されています。是非ご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です