住宅建築コーディネーターとは?

住宅建築コーディネーターとは何?

との質問がありましたので、住宅建築コーディネーターテキストより

 

住宅建築コーディネーターとは?

 

様々な住宅取得の方法が存在する中で、お客様は自分たちにとって本当に良い家をどのように手に入れるのが良いか、どの方法を選んで判断すれば良いのでしょうか。

住宅建築は、実に様々な分野が絡み合い、何も知らないお客様にとっては家を取得するまでのプロセスが非常に複雑かつ不透明です。取得する方法がいろいろ存在することは理解できても、どこがどう違うのかまでは、それなりに時間をかけて調べたり勉強したりしなければ難しいものです。そのため、「お任せ」で手に入れやすい方法の家づくりが多くの人の住宅取得方法となり、設備の機能や営業マンから伝えられる構造の性能などの目で見てわかる客観的価値が、どの家を購入するかの判断基準として大きな割合を占めているのが現状です。

 

しかし、一生に一度の大きな買い物である家。車や洋服とは異なり、けた違いの額を一生かけて支払っていくものです。まさに一生の付き合いになります。だからこそ、家を手に入れるための様々な買い方やつくり方を知った上で、後悔しないよう自分に合った方法を選んで理想の家を取得したいものです。一生で一番高価な買い物をするにもかかわらず、内容をよくわからないで購入してしまうのは非常にもったいないことです。

その人にとって本当に良い住宅を取得するためには、その人が家に何を求め、その要望を叶えるためには、どんな家づくりの方法が良いかをお客様自身が判断できるようにする必要があります。そこで生まれたのが、住宅建築コーディネーターです。

 

住宅建築コーディネーターは、家づくりに関わるすべての流れを把握し、資金・不動産・設計・施工などの住宅建築に必要な専門分野を繋いでお客様の家づくりを叶えます。住宅建築についての流れや必要な手続きは何なのか等の道案内をし、お客様がわからない部分を理解しながら家づくりを進められるように、住宅建築コーディネーターがサポートを行います。

どの方法で家づくりを始めるのがその人にとって適切か等の最初のカウンセリング、どのタイミングで何をすれば良いかなどの家づくりの手順や手続きについての説明や案内、住宅建築をスムーズに進めるために必要な専門分野を繋ぐサポートを行い、お客様が理解した上で進めていける家づくりを叶えるのが、住宅建築コーディネーターの役務です。

 

 

厚生労働省認可財団法人職業技能振興会認定

住宅建築コーディネーター認定テキストより

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です